むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百年杉

二宮尊徳がいったといわれる
「遠くをはかる者は富み、近くをはかる者は貧す」
という言葉を大切にしてきました。

~将来を考える人は、百年のために杉の苗を植える。
もちろん、秋実るものを考えて春、種を蒔くから豊かになる。
しかし、近くのことばかり考える人は、春植えて秋に実るなど遅すぎる。
目の前の利益に迷って、何も植えようとしないで刈り取るばかり。~

企業の経営計画も、将来の「百年杉」となる人材育成を基本とし、財務的にも単年度の売上や利益のみを追求するのではなく、数年後に達成すべき「バランスシート」を意識して、毎年毎年の努力の積み重ねで近づけていく。

市場の形成、人材の育成、商品・サービスの品質向上など地道に取り組んでいく必要があります。

何ごとも必ず成功するとは限りませんが、事業の目的や目標など遠方目標を定めて、失敗しても成功するまでやり遂げなければなりません。

企業経営に於いても5年先、10年先を考え、今は苦しくとも杉苗となる人財を採用し、長い時間をかけて育てていく。

単年度の収益のみを考え、いつまでも人財を採用しないで現体制で手をこまねいていては、いづれ衰退の一途をたどることになるんです。

代表に就任して今年で12年目。

色んな方からのアドバイス、また反面教師を見ながら、一時流行った太陽光やオペレーティングリースなど、本業とは一切関係ないムダな節税はせず、毎年適正な利益を上げ、税金を納めてきたことによって、ようやく財務基盤も安定し、第三者評価もまずまずな会社になってきました。

若い人財も毎年少人数ずつですが増えてきました。
時間がかかっていますがちゃんと成長してくれてます。

ただ、理想は明日も行きたくなる会社、社員さんの子供を入社させたいと思える会社です。

「いい会社、強い会社」
ある程度のことがあっても傾かない財務基盤の〝強い会社″には近づきつつありますが、お客様にとって、社員さんにとって、地域の方にとって〝いい会社″にはまだまだ先が長いですね・・。

スポンサーサイト

総合職と一般職

来週の月曜日から2018年度の新入社員研修が始まります。
今年は技術職の男性1人、一般職の女性1人、総合職の外国人男性1人の計3名。

そして、それに並行して2019年度のリクルート活動が始まります。

毎年この時期になると、どういった社員を募集していこうか、新しく仲間になってもらいたいかを考えるわけですが、その前に自社で今まで当たり前になりつつあった総合職、一般職、技術職の定義について、もしかしたら他の会社の考え方と違っているのかもしれないと思うようになりました。

最近の合同企業説明会では、昔のように〝事務職募集″と性別を限定するような求人はあまり見かけなくなってきていることに気付きます。

少しパソコンを叩きながら調べてきました。

○総合職とは、総合的な判断を要する基幹的業務に従事する企業の正社員のこと(wikipedia)
であるとされています。

将来的に管理職になることを期待された幹部候補でもあり、仕事内容は多岐にわたります。

将来のキャリアによって事務系総合職、技術系総合職と分かれており、大学の専攻によってエントリーする職種を選択することができる企業も。

事務系総合職は将来的に、
・営業、マーケティングなどの企画職(商品開発、広報等)、営業企画、購買、管理部門(人事・経理・総務・法務)など

技術系総合職は将来的に、
・研究、生産、などの技術職

の仕事に就くことができるというのが一般的な話。

それに対して、
○一般職(は、日本の正社員のコース区分で、定型的・補助的な業務を行う(wikipedia)
であるとされています。

総合職を補佐する業務であるため、仕事の範囲としてはそこまで広くなく、比較的定型業務が多いです。

総合的にこの2つを見比べてみると、総合職と一般職の違いは、
・仕事の責任の度合い (総合職のほうが負う責任が多い)
・基本給の差 (基本的に、総合職のほうが設定された基本給は高め)
・昇給の上がり幅の違い (一般職は給与が上がりづらい)
・評価 (一般職は評価基準が曖昧なため、評価がされにくい)
・異動の有無 (総合職は配置転換や職種転換などが発生する可能性が高い)
・転勤の有無 (総合職は本社以外に事業所や支社がある場合は転勤の可能性がある)

といった感じですかね。

もちろん企業によって多少の違いはありますし、最近では一般職といっても仕事の内容や幅は様々で、金融や総合商社などは「業務職」として事務職よりももう少し専門的な知識を用いたり、業務の幅が広かったりする職種の設定もあります。

また、特定総合職やエリア総合職など、総合職よりも責任や業務の幅、昇給や昇格、転勤の範囲を狭めた職種設定もあります。

さて、我がむねじゅうはどうかというと、
大きな違いというのは休日数と基本給の部分だけ。
人事も労務も会計も広報も、いわゆる本社業務は全て女性社員が行っています。

大半は一般職(事務職)希望で入ってきた社員だと思いますが、もちろん転勤はありませんし、総合職と全く同じ基準で評価もしています。

ここ最近、新入社員で入社した社員がみんなある程度のキャリアを積んできて、また会社として新しい商品・サービスを創造してきた中で、能力、適性に応じて既存の職群の枠組にはなかった業務をしてもらう機会が増えてきました。

こちらとしては「全社員が主役の会社」、「大家族経営」、「社員1人1人が主人公」とことある毎にいってきていますので、ある程度は伝わっていると思いますが、仕事の責任といった部分でこれから会社を選ぼうといっている学生さんに対して、どのようなアプローチをしていけばいいのかは本当に悩みの種です・・。

ただでさえ、ここ石川県は全国でも有効求人倍率は2倍に近い超売り手市場といわれている採用難の中、今までむねじゅうスタイルを一新していく取り組みが必要になりそうです。

実際こんな話が社内で出始めたのが先週に入ってから・・。
来年度のリクルート活動に至っては完全に出遅れました。

「人財が集まらない会社は成長しない」というのが私の信条。

何とかしてこの遅れを取り戻すアクションをしてきたいと思います。

戸狩温泉

やってきました、長野県飯山市に。
写真 2018-02-11 19 37 21_R  

ど~ですか、この天気と最高の眺めは。
写真 2018-02-11 19 26 47_R  写真 2018-02-11 19 26 53_R

滋賀営業所でいつもお世話になっている滋賀建機さんが5年前に経営権を取得したというこちらのスキー場。

2年前にその話を聞いて、行くわ行くわといっておきながら、スケジュールが合わなかったり、雪が降らなかったりで流れ流れになっていたんですが、ようやく3年越しの約束を果たすことができました。
写真 2018-02-12 20 26 44_R  写真 2018-02-12 20 25 56_R

社員の有志を募って行くつもりでしたが、マイクロバスの空きもあったので経営者さんの仲間にも声を掛けたところ、総勢16人のメンバーに。

写真 2018-02-12 20 26 39_R
当日の週末は飯山市内の方で雪まつりも開催していて、道中には巨大な雪だるまを見ることができました。

日帰りスキーはたまに行っていても、帰りの時間を気にせずのんび~りゲレンデを楽しむことができるのは最高の贅沢ですね。
写真 2018-02-12 20 26 47_R  写真 2018-02-12 20 27 16_R

写真 2018-02-12 20 27 10_R  写真 2018-02-12 18 14 16_R
寒いゲレンデで飲むキンキンに冷えた缶ビールってどうしてこんなに美味しんでしょうか。

家族連れの参加も多く、もちろん私も子供たちを連れて楽しんできました。
写真 2018-02-12 13 28 15_R  写真 2018-02-12 20 24 36_R

初対面の子供たちも遠慮していたのは最初だけ。
写真 2018-02-12 11 34 44_R  写真 2018-02-12 11 32 31_R

写真 2018-02-12 11 32 34_R  写真 2018-02-12 13 59 32_R
一気に仲良くなって子供たちの世界ができあがってました。

大人たちも負けじと夜は大宴会。
写真 2018-02-12 20 26 54_R  写真 2018-02-12 20 27 01_R

写真 2018-02-12 20 27 07_R  写真 2018-02-11 19 37 30_R
民宿を1棟貸し切って地元の料理とお酒を堪能しました。

2次会も民宿から徒歩5分のスタンドバーで。
写真 2018-02-11 20 24 29_R  写真 2018-02-11 20 19 04_R
子供たちにとっては貴重な社会勉強ですね。

2日目もお昼までたっぷり滑って、ランチは地元名物"焼きカレー"のお店へ。
写真 2018-02-12 12 49 08_R  写真 2018-02-12 12 43 53_R

これがまた辛いんですよ。
写真 2018-02-12 13 05 21_R  写真 2018-02-26 17 06 33
汗腺が崩壊したかと思うくらい、汗が顔から大量に流れ落ちるんですが、クセになりそうな味に大満足。

写真 2018-02-26 17 07 13  写真 2018-02-12 13 58 23_R
2日間お世話になった木原荘さんの前で記念写真を撮って帰路につきました。

日本は世界と見比べても四季を楽しめる数少ない国です。

私が幼い頃は当り前のようにスキーが身近に存在していて、学校の授業でも体育の時間はスキーというのがよくありました。
大学生になり、いわゆるスノーボードが流行った時も、真っ先に一式道具を揃えてボーダーになった時期も。

今の子供たちを見ていると本当にインドアというかテレビゲームやスマホの動画に心まで犯されているというか、将来が心配になってきます。
確かにウィンタースポーツはケガをするかもしれませんし、風邪をひく可能性だってゼロではありません。

ひと昔前は至る所にスキー場があったものですが、今石川県内には2つのスキー場しかありません。
ほとんどがスキー人口、ボード人口離れによる経営破たんに近い閉鎖です。

昔のようにリフトやゴンドラに1~2時間も待つことはありませんし、行くまでの道も随分整備されて1時間もあれば十分に着きます。

せっかく日本人、特に北陸地方に生まれたのであれば、冬の娯楽の一つとしてのスキー&スノーボードというもの選択肢に入れてほしいなと思うのは私だけでしょうか。

滋賀建機さんのようにスキー場の経営自体をすることはできませんが、いちプレイヤーとして地域の活性に繋がるのであれば来年以降の会社の一大行事としてまた遊びに行きたいと思います。

大雪(その③)

雪ばっかりで飽きてきました?
だって2月の前半は除雪&排雪以外、他に何もしていないんですもん。

今回の大雪、福井から通っているうちの工事長は家から出ることすらできず、1週間会社に来ることができませんでした・・。

ここからはダイジェスト版で。

こちらはうちの子供たちが通っていた幼稚園。
写真 2018-02-08 9 25 52_R  写真 2018-02-08 9 39 02_R

写真 2018-02-08 10 02 08_R  写真 2018-02-08 10 11 45_R
今年の冬の除雪作業の中では一番印象に残っている現場でした。

街中に建っている場所なのに新聞やニュースの報道を大きく上回る積雪量。
写真 2018-02-08 11 07 48_R  写真 2018-02-08 11 11 59_R
明日から子供たちが通園するのでと懇願されたら、プロとして何とかせねばと思ってしまいますよね。

あの屋根の巻雪も全てが落ちるとこんなことに。
写真 2018-02-08 14 54 51_R

地上から歩いて屋根の上までいける状態になりました。
写真 2018-02-08 14 54 29_R
雪かきはもちろん新入社員のお仕事。
女の子だからといって容赦はしません。

朝から雪かきでヘトヘトになって会社に行ったら除雪&排雪。
クッタクタになって家に帰ると元気いっぱいの娘と雪遊び。
写真 2018-02-07 17 39 11_R  写真 2018-02-07 17 38 50_R

「暗くなるまで外で何してんの!」とお母さんに怒られながらもお父さんは頑張りました。
写真 2018-02-07 17 54 03_R

市内の排雪場は入場するまで1時間を越える大渋滞。
写真 2018-02-07 10 02 11_R  写真 2018-02-07 16 15 37_R
家の近所では相変わらずトラックが雪にハマっています。

こちらは社員のお兄ちゃんが勤めているというとある高校。
写真 2018-02-10 10 24 59_R  写真 2018-02-10 10 25 03_R
想定を超える量だったため、解体工事でもよく使う通常の重機を使っての除雪を行いました。

除雪がある程度落ち着いてくると、次は排雪の依頼が増え始めます。

近くの会社さんからの依頼で従業員駐車場に溜まった雪を排雪することに。
写真 2018-02-15 7 33 17_R  写真 2018-02-15 10 18 11_R

ダンプ3台を使って1日で約80台の排雪をすることができました。
写真 2018-02-15 10 33 28_R

ともあれ今年の冬の大雪ですが、お隣の福井と石川県を合わせると10人近い死者が出ています。
ある意味有事の災害だと思っていいでしょう。

実際、お客様の要望に応えるため、2t車に3tの重機を乗せ現場に向かう指示を私自身もしてきました。
堂々と交通違反をしてきたことになりますが、我々は会社として何を優先すべきなのか?

現場社員からの声でも、夜間に民間のお客様の除雪をしていた時に近くのお店からも依頼があって、自らの判断でお手伝いをしてきたという事例がたくさんあったそうです。

本社の前の道路で何台もスタックしている車がいた時、女性社員がスコップ片手に救助に行くという光景も何度もありました。
行政の指示待ちではなく、自ら主体的に行動できる組織に少しは近付いてきたのかな。

前にも書きましたが、本来本業ではない除雪&排雪を全社で行うことができたこと、重機・車両を持っているモノの使命として少しでも地域の方のお役に立てたこと、そしてそれが結果的に解体売上げゼロ期間の穴埋めになったこと。

「解体・リサイクル」は目的ではなく手段である我がむねじゅうにとって、お客様に「ありがとう。」と直にいってもらえる体験を共有できたことは何よりの経験になったことだと思います。

もうしばらくは懲り懲りですが、いつ何時どんなことが起こるか分からないという意味では、BCP(事業継続計画)の一つとして、また貴重な経験として今後の有事のために備えをとっておきたいですね。

大雪(その②)

2月の大雪以降、本業の解体は全く商売になりません。

逆にいえば、我々にはまだ自社の社員や重機・車両を活かした"除雪"という仕事があったので、まだマジだと思わないといけないかもしれません。

それ程、今回北陸地方を襲った大雪はほぼ全ての業種に大きな被害を与えました。
・流通がストップしてコンビニには何もない
・スタッフ、社員が会社まで行く手段がなく、お店が開けられない
・飲食店をはじめとする店舗の駐車場の雪がどけられなくオープンできない
・福井の国道では3日間立ち往生
・スタンドにすらガソリンがない
という一体いつの時代の話なんだ!?といいたくなる状況になってします。

我がむねじゅうは県や市から除雪路線を与えられてはいないんですが、民間の企業や町会さんとは事前契約をしています。
写真 2018-02-06 22 34 13_R  写真 2018-02-07 1 42 59_R

私も1日だけ夜間の立ち会いをすることに。
写真 2018-02-07 1 42 50_R
約3時間誘導灯を持って歩き続けるんですが、身体の芯まで冷え切る寒さ。

改めて現場の社員の大変さが身に沁みました。

翌日もホイルローダーだけでは足りないと、バックホウを利用しての民間除雪がメインの仕事になりました。
写真 2018-02-08 6 38 51_R  写真 2018-02-08 6 39 20_R

写真 2018-02-06 21 29 28_R
なんとその様子がNHKの全国放送に取り上げられるという奇跡。

本社の屋根雪は巻き始め、個人で所有している民泊施設は玄関までたどり着けない状態に・・。
写真 2018-02-07 12 53 18_R  写真 2018-02-07 9 33 36_R

軒の上にも1mを越える雪が積もったため、人力で雪下ろし。
写真 2018-02-07 9 30 16_R  写真 2018-02-07 9 43 00_R
何とかして玄関を開けたら外の雪がなだれ込んできました。

その間も金沢の老舗有お寿司屋さんからの排雪依頼。
写真 2018-02-09 14 34 47_R  写真 2018-02-09 14 35 03_R

一般車両の運行には気を付けながらも、何度とないスタックでダカールラリーのように荒れている道路もキレイに除雪。
写真 2018-02-10 13 30 29_R  写真 2018-02-10 13 44 29_R

写真 2018-02-10 18 29 00_R
なんということでしょう。
雪で1台も駐車できなかったスペースに3台停車できる空間が完成したではありませんか。

社員の中には不眠不休で除雪を続けてくれた子も。

明日は少し大きい規模の除雪排雪作業をお伝えします。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
新しいブランディング「感動イノベーション。」を立ち上げ丸1年。

魅せるむねじゅう、カッコイイ現場など、様々な改善を行ってきましたがまだまだ中途半端な1年でした。

6月に会長という大きな柱を失いましたが、これまで以上に一致団結し成長・発展を目指します。

今年の個人テーマは「Think Globally,Act Locally.」。
常に全体を俯瞰しながら、目の前の小さなことにも細心の注意を払って実践したいと思っています。

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに!
2018年もどうぞよろしくお願い致します。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。