むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

今月のこの1冊(2016年1月ー①)

これを書いているときに気付いたんですが、去年の12月にこの企画をサボってました・・、というより完全に忘れていました。

昨年末からの年末年始休暇はめずらしくゆっくり過ごすことができましたので、その間に何冊か読んだ本を連続でご紹介したいと思います。

1冊目はこちら。
51NB7PG8STL.jpg
「人を動かす人になれ!」 著者 永守重信氏

永守さんは知る人ぞ知る、“ドケチ経営”で日本を代表する会社に成長した日本電産㈱の創業者でいらっしゃいます。

その昔別の本を目にした時、永守さんを代表する座右の銘ともなっている
「するやる、必ずやる、出来るまでやる」
に心打たれ、これまで私自身の経営に大きく影響を与えていただきました。

今月の日経トップリーダーでもトップページに2016年の経済予測を書かれていました。
写真 2016-01-26 16 52 16 写真 2016-01-26 16 51 14

○どんな業界においても1番以外はビリに等しい。
その優劣を決するのは、
スピード50%
ハードワーク30%
トータル的能力15%
学歴・経験3%
社歴・知名度2%
というのが、永守流の考え方。

社員さんの採用基準も、日本電産の三大精神
○情熱・熱意・執念
○知的ハードワーキング
○すぐやる、必ずやる、出来るまでやる
がベースにあり、過去には大声試験、便所掃除試験、早飯試験という世間からひんしゅくを買うような経験もあったそうです。

印象に残った点として、
「求められる人材」とは、
1.野心のある努力家
2.プライドのある情熱家
3.やり抜くネアカ
4.負けず嫌いの耐震家
5.経営感性を持つ細心家
というのがありました。

しかも、このうち1つでも当てはまる人材は100人に1人いるかいないかという前提付きで・・。

最後に・・、
「勝ちと負け、成功と失敗、苦と楽、温情と冷酷、褒めることと叱ること・・、
季節に夏と冬があり、1日に昼と夜があるように・・、
世の中にも、会社にも、そして人にも常に2つが絶妙なバランスが動いている。」

人を動かす人というのはこのバランス感覚が非常に重要になってくる、ということを教えてくれた素晴らしい1冊です。

やっぱり実際に経営している創業社長の本は個性があっておもしろい!
お勧めですよ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: