むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

高校生面接

9月5日の高校生就職活動解禁後、先週は石川工事部、今週は滋賀工事部採用の面接が始まりました。

採用担当の社員さんの地道な頑張りのおかげで、今年は事前に応募前見学があるなど幸先のよい滑り出し。
そして、すでに5人の学生さんからの応募がありました。

驚くのはなんと平成11年生まれの17歳がいること。
私がサラリーマンを辞め、家業入った年に生まれた子供たちと一緒に働く年齢になってしまいました。

ここ最近は毎年高校生の新卒採用をしていますが、7年前に入社した滋賀工事部の奥村くんは今では立派なオペレーターとして活躍していますし、本社においても入社5年未満の20代前半の社員が現場で欠かせない存在になってきているのは本当に嬉しい限りです。

年々若年者の採用には苦労している企業が多いといわれている中、有り難いですね。


今回は特別にうちの面接の中身を少しだけご紹介。

まずは適性検査と学力試験。
問題は本社経営管理室が厳選した数的感覚と言語力を試す問題です。

カッコよくいってみましたが、実は小学校5年生の算数と国語のテストです…。
 

まぁ、高校を卒業して進学せずにすぐに働きたい!といっている子たちですから。
学力面はそんなに期待はしてないのですが…。

それにしても小学校の算数問題で“0点”という素晴らしい成績の学生さんもいらっしゃいます。


入社してからが大切で、あらゆる面で育て上げていく。

雇用主として、そういう器の大きさが肝心だと最近になって気付くようになりました。


メインである面接もしかり。
基本的にあまり敬語が使えなかったり、礼儀作法が身に付いてない子がほとんど。

これは決して学校や両親のせいではなく、時代背景が物語っているような気がしてなりませんが、彼たち、彼女たちの成長する姿を夢見て根気強く教育していくしかありません。


過去に尊敬する先輩から、
「中途採用は戦術で、新卒採用は戦略だ!」
と教わったことがあります。

今すぐではなく、5年後の会社の未来をこの若者たちに託すことが出来るのか!?
が経営者としての楽しみであり、力量が問われるところだと。

素材ではなく、人が育つ風土であり仕組みが何よりも重要なんですね。

さあ、来年はどんな学生さんとの出会いが待っているんでしょうか。
今から楽しみでなりません。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: