むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

フォローアップ研修での学び

新卒採用を始めて数年、今年は参加しなかったのですが、それまでは中小企業家同友会が開催する共同求人説明会で数社の会員企業と合同で採用&教育する素晴らしい取組みです。

今では自社で説明会を開催し、大手のリクルート会社と契約できるようになりましたが、全てはここからのスタートでした。


そして、4年前から始まったのがフォローアップ研修というもの。

入社半年が経ち、いい意味でも悪い意味でも慣れが出始めてきたり、人間関係の悩みに直面したり、仕事でのスランプを感じるのもこの時期かもしれません。

そんな1年目社員をもう一度1から面倒をみようというこの企画。

こればっかりは初年度からフル参加しています。

今年の4月に採用した3人の新入社員にも当然参加してもらおうと、朝一番送り出しついでにしばらく見学に行ってきました。

写真 2016-10-21 9 05 20
会場は豪華な結婚式場の1室を借り切って行う意気込み。

写真 2016-10-21 9 05 15
講師は石川同友会のアイドル、アリスグループの竹澤敦子大先生。

軽い気持ちで見学に行った社員研修でしたが、ここでいい話を聞くことができましたので、皆さんにも紹介したいと思います。


社会人になって覚えることは山ほどありますが、その職業能力は大きく3つに分けられるということ。

この研修ではそれをXYZ軸と呼んでいましたが、この3つには順序というか、レベルに応じて習得していかなくてはいけないものだと教わりました。

順に説明していきます。
①テクニカルスキル
・・・専門知識、技術、一般事務、語学力、パソコン能力、計数管理力

まずはここからという初級レベルです。
特に新入社員のうちはこれができていないと話にならないというものなのですが、実際のところこのレベルですらたどたどしい社員が後を絶たないとのこと。

②ヒューマンスキル
・・・協調性、対人均衡力、表現力、傾聴力

テクニカルスキルと同じバランスで身に付けなくてはいけないものなのですが、つい後回しになってしまい機械的な作業が全てだと勘違いしてしまうのもこの部分。

周囲からの評価が高く、成功しているビジネスパーソンは、絶対的にこの技術が優れています。

③コンセプチュアルスキル
・・・総合判断力、指導育成力、企画立案力

私自身が社長を拝命して10年、いまだに悩んでいるのがこの能力かもしれません。

「こんな幹部社員がいたらいいな~。」とつい本音をいってしまいそうですが、コンセプチュアルスキルとは日本語に訳すと概念化能力といって、常に部分最適では全体最適。

大局的に、そして俯瞰的にものごとを捉えることができる能力ということです。


1年目の社員にはちょっと難しいのかな、なんて思ったりもしましたが、少なくとも5年もしない内に自分の能力の限界に気が付いたり、また違った可能性や楽しみが芽生えてくるのも、こういったテクニカルスキル以外の自己成長しかないと感じています。

何はともあれ、送り出した3人にとっては初心に返るきっかけになったことだと思います。

入社時に約束した、
「人生の勝ち組にしてやるから必死で頑張れ!!」

ちゃんと覚えているのであれば、少しのことでは音をあげずに頑張って欲しいですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: