むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のこの1冊(2016年11月)

更新がかなり遅れておりますが、色々と悩みごとの絶えない10月~11月を過ごしておりました。

正しいチームビルディングとは何なのか?
本来の組織とは何たるか?

そんなことを考えながら今年1年間の反省を踏まえて、来期の構想を練り始める。
11月とはそんな季節なんですね。

また、自社の1年を振り返ってみた時に、
「名選手、名監督にあらず」
の言葉にもあるように、プレイヤーの延長線上にあるものが、果たしてリーダーやマネージャーなのか?

といったことも、社内の実情を見ながら瞑想する毎日だったかもしれません。


そんな中、前回もお伝えしたかと思いますが、元早稲田大学ラグビー部監督である、中竹竜二さんの著書を開き、もう一度「組織論」について学ぼうと決意。

今月皆さまにご紹介したいのはこちらの1冊です。
41DYUa58mUL.jpg
「リーダーシップからフォロワーシップへ」
~カリスマリーダー不要の組織づくりとは~

前回紹介した本では、中竹さん特有のマネジメント方法VSS(ビジョン、ストーリー、シナリオ)、そしてスタイルの確立についてだったと思います。


トップやリーダーが周りをグイグイ引っ張っていくのが、多くの方がイメージするリーダーだと思います。

そして、「リーダーシップの不在」はどの会社、組織、チームにおいても共通する問題・課題であることも事実。


実際に私の友人の経営者を見ていても、天才的なセンスで経営する人もいれば、カリスマ的リーダーもいます。

しかし、そんな人は僅か一握りであって、一般的には私の用な凡人が寝る間を惜しんで必死で頑張って、メンバーのタズナを並べるしかないのが現状です。


この本では、「リーダーシップ」と「フォロワーシップ」に焦点をあて、例えば、
・フォロアーの立場で、リーダーを見る。

・または、リーダーの立場でフォロアーを見つめる。

などなど、求めるリーダー像が人によって様々な要求があることに対して、「対局視点法」を用いることでヒントを得る手法が紹介されています。


この本では、「フォロアーシップ」は「リーダーシップ」が不要であるという訳ではなく、「フォロアーシップ」を引き出す「リーダーシップ」が重要だといっています。

実際に早稲田大学で選手に指導していた事例も大変参考になることばかり。

いち組織のリーダーとして、為になる部分が多過ぎて、今回はいつも以上に下手なまとめで申し訳なく思っております。


最後になりますが、著者の中竹さんが理想とする組織とは、
「全員がリーダーと同じ気持ちでいること。

与えられたり指示されたりするのを待つのではない。

最終的に決断を下すのはリーダーだが、常にフォロワーもリーダーと同じように主体性を持って考える。」
だそうです。


こんな素晴らしい組織、夢だとしても憧れてしまいます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。