むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

石川若手経営者大交流会

先週の土曜日のお話。

第2回石川若手経営者大交流会がホテル金沢さんにて開催されました。


昨年、金沢青年実業クラブの会長として発起し、他の5団体のトップに声をかけ実現した、他団体が一同に集う大交流会です。
詳しくは1年前の2016年4月7日「むねじゅう日記」をご覧ください。

今年は金沢青年会議所さんも加わり全部で6団体の参加となりました。

順不同ですが、
・一般社団法人 石川県倫理法人会
・公益社団法人 金沢青年会議所
・公益社団法人 金沢法人会青年部会
・石川県中小企業家同友会 青年部会
・金沢青年実業クラブ
・一般社内法人 石川ベンチャー倶楽部

こう見ると、この企画がいかに凄いことか分かります。

早めに会場に着いた私は受付を余所にリラックスムード。


今年度のホスト団体、石川ベンチャー倶楽部の島村会長より開会のご挨拶。


昨年は第1回ということで、各団体の紹介がメインでしたが、参加者総勢104名となった今年は第1部の交流会で他団体合同のグループワークをすることに。
 写真 2017-04-08 17 17 06_R

プロジェクトデザインさんが開発した「The Team」チームづくりを体験するゲームだったんですが、想像以上に白熱して盛り上がりました。

さすが普段はそれぞれの会社で采配を振るう経営者ばかり。
18テーブルに分かれて競い合ったんですが、実際にこんなメンツが揃う会社だったら最強なんだろうなと思ってみたり・・。

第2部は会場を移動して、お楽しみの懇親会です。

法人会青年部 田野口部会長の乾杯挨拶。

その後は各団体が趣向を凝らしたPRタイム。




金沢青年会議所さんが一気飲みで突破口を開いた後は、なぜか各団体代表の一気大会。

瓶一気をする石川ベンチャー倶楽部代表、チェルシーニューヨーク。

最後に全員で集合写真。
写真 2017-04-10 7 41 42_R

ホスト団体として全参加者を送り出した後は、ベンチャー倶楽部としてのお疲れさま写真。
写真 2017-04-08 20 38 12_R

翌日の朝刊にも小さく掲載されていました。


実際のところ、今年私はほとんど何にもしていないのですが、昨年第1回を主催した責任者だったのは事実。
今年も多くの方と知り合うことができましたし、私以上にこの会の重要性、大切さを感じた人も多かったと思います。

1人でできない大きなことをするために会社という組織があり、1社でできない大きなことをするために経営者団体があるというのが私の個人的な主観です。

だったら、もしその経営者団体が混じりあったら・・、面白くなるに決まってます。


会それぞれの目的は違えど、行きつく先は地域社会への寄与・貢献であることは同じなんですよね。

初めて名刺交換した人からも、「こんな会を企画してくれてありがとうございます。」と何人もの人に声を掛けれました。

今までありそうで無かったこんな会。
あったらいいな、と思われていた団体の垣根を越える大交流会は今年も大盛況で終えることができました。

来年のホスト団体は中小企業家同友会 青年部にバトンタッチされました。
各団体の個性を生かした企画を楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: