むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

今月のこの1冊(2017年6月-②)

我が㈱宗重商店、本業はもちろん解体・リサイクル業なんですが、昨年の7月よりモンテッソーリという幼児教育事業を新しく始めました。

経緯は話せば長くなるので割愛しますが、福祉でも保育でもない、いわば子供の本来持っている潜在能力を発揮させ、自立した子供を育てる〝教育"なんです。
カサ・デ・バンビーニ 公式ホームページ

約1年が経ち、初年度の目標としていた生徒数10人には到達しましたが、行政から補助金をもらっている事業ではないので、収益的にはなかなか軌道に乗らないところではあります。

そんな中、今年の2月に「金沢イクボス企業同盟発足式」に参加した時に紹介されていた保育関連の本をふと思い出して読んでみました。
平成29年3月4日「むねじゅう日記」より

714a12OY2vL.jpg
『「社会を変える」を仕事にする』 著者 駒崎弘樹

一億総活躍社会、男女共同参画、ワークライフバランス、イクボス等、何かと女性の働き方について騒がれるようになってきた昨今。

しかしながら、実際のところは子供が病気になると保育園は預かってくれない。
必然的に会社を休むことになる。
結果、社内での立場が悪くなったり、最悪の場合は降格や解雇になることも。

そういった今の日本の社会問題に対して、医者でも看護師でもない筆者が「病児保育問題」に疑問を感じ、社会を変えようと孤軍奮闘したノンフィクションの物語。

筆者の駒崎さんの熱意、それを実現していく行動力、知恵をひねり出す思考力、障害を乗り越える精神力。

今や国策として共働きを奨励しているのにもかかわらず、子供が病気になったら保育園は預かってくれない。
この大いなる矛盾に、子育てとは無縁な独身男性が病気の子供を預かる「病児保育」をソーシャルベンチャーで切り込み、見事ビジネスとして成立させた奮闘記に素直に感動しました。

素晴らしくいい1冊でした。
ここ最近手に取る本はアタリばっかりかもしれません。

話は前後しますが、むねじゅうが昨年から始めた幼児教育事業もある意味世の中を変える事業であることに変わりはありません。

事業として収益は当然大切ですが、それ以上に大事なミッションの必要性をこの本を読んで改めて考えさせられる機会となりました。

誰しもが自分にも何かできることはないかと心動かされる一冊です。
子供たちが大きくなった時、もっと社会がより良くなっていることを願って。。。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: