むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

中村文昭氏講演会

先週の22日、㈱作造の大塚社長に誘われて、作造さんの協力業者会である作造会主催の講演会に参加してきました。

お恥ずかしながら今まで全然知らなかったんですが、中村文昭さんという方の講演です。

今現在は三重県の伊勢で飲食店をはじめ、レストランウェディングをプロデュースされている傍ら、ひきこもり・ニートと呼ばれる若者を北海道の農地にて農業に就かせて
環境問題食糧問題教育問題を一気に解決させる
「耕せにっぽん活動」
というモノををされているそうです。

見た目は的屋のお兄ちゃんみたいなうさん臭い格好なんですが、会場に集まった500人近い参加者は講演開始早々に中村氏の体験談、彼の人間味、話術に惹きつけられました

私は社員2名を連れて参加したんですが、そのうち1人は話の途中で感動して泣いていたそうです

約2時間の講演を文字にするのは難しいですが、私のいつもの気づきメモをいくつか要約すると、

「人間の値打ちはいくら稼ぐかではなく、何にいくら使うか。」

「自分の目の前にいる人をどれだけ喜ばせられるか。」

「できるかできないか、ではなく、やるかやらないか!」

「問題×問題=最大のチャンス」

「やる気があり学びたければ、屁理屈や自分の都合は捨てろ!」

「相手の予想を上回るスピードで応える事が感動につながる。」

「雑用こそ一生懸命やるべき。誰でもできる事をいかに一生懸命にやるか。」

「できない事は最初から頼まれない。」

「人を喜ばせ続ければ、天から次の役割がもらえるようになる。」

「何のために?を常に考えること。」


などなど、すばらしい内容の講演でした

中でも印象に残っている言葉の中に、鉄板ルールというのがあるそうで、
①返事は0.2秒!
②頼まれごとは試されごと!
③できない理由を先に言うな!
④今できる事をやれ!

この4つだそうです。

夢が達成できない人は必ず最初に
「でもね~・・・」
とできない理由を先に言うそうです。

そういう人に目標や夢を語らすと3分も話せないのに、できない理由は30分以上も話すとの事。

私はできるまで決して諦めないしつこい性格ですから、言い訳から先に言う習慣はありませんが、確かにこういう人ってよくいますよね

実は最近疲れが溜まっていまして、少し元気が無かったんですが、
「明日からまた頑張ろうと思える本当に素晴らしい講演会でした

今度大塚社長に会ったら過去の講演DVDがないか聞いてみよう
スポンサーサイト

Comment

No title 

うわー!めっちゃ行きたかった!
ファンやのにー。
どこであったの???
  • posted by さえこ 
  • URL 
  • 2010.07/27 19:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

この講演会は貴重ですねー!有名なお方です。
僕も行きたかったんですが、都合つかず、、、^^;
噂で今回の講演会がとても良かったということを他からも聞きました。

Re: No title 

>さえこさま
地場産に来てたんよ。
たまたま誘われて参加したんやけど、本当に良かったよ。
また来る機会があるか聞いとくね!

>笹野さま
有名な方なんですね?
当日まで全然知りませんでしたよ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: