むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合同企業説明会

4月の「むねじゅう日記」にて紹介しましたが、来年度より新卒学生の定期採用を始めるため、今年から㈱宗重商店の長い歴史上初となる共同求人活動に参加しています。
平成22年4月14日 「むねじゅう日記」記事

ただ、地場産や文化ホールで行われている大規模なものではなくて、石川県中小企業家同友会主催の合同企業説明会だけなんですけれどね

4月17日に第1回目が金城大学で行われ、
先日7月23日に金沢工業大学にて第2回目、
そして本日最終の第3回目の説明会が金沢星稜大学にて開催されます。

先日の金沢工業大学での様子をご覧ください
NEC_0300.jpg

NEC_0299.jpg
今回の企業説明を担当した、田畠営業企画部長と総務部の古谷さんです。

私は会場にいたんですが、学生さんのアドバイザー役として色々相談にのっていました

私の15年近く前と簡単に比較はできませんが、女子学生はともかく男子学生に感じた印象は、
とにかく元気がない

昨今の世情を現わしているいるのかもしれませんが、こうも毎日毎日悪いニュースばっかりが流れていると自分達の将来への未来予想図が描けないのも少し分かる気はしますが、それにしても我々採用側の立場からすると小手先の知識・教養なんて実際どうでもいい事でして、本当に求めている人財とは、
①笑顔で元気に挨拶ができる人
②積極的に質問をしてくる人
③自信を持って熱意を伝えてくれる人

だと思っています。

たった数時間ですが学生さん達の様子を見ていると、我々参加企業に魅力が無かったと言われればそれまでなんですが、まず企業ブースに並んで椅子に座って説明を聞く勇気が無い人が目立ちました

面接を受ける受けないは君達の自由だから、話を聞いてみて興味がなければ
「やっぱり私の想像と違っていました。すいません、退席します。」
と途中で席を立ってもいいんだよ。
せっかくこの会場に来てるんだったら今は興味がなくてもたくさんの企業説明を聞いた方がいいよ!と必死で説得していました。

昨日のテレ金ニュースでもやっていましたが、新入社員が3年未満に会社を退職する確率は何と50%なんですって

社会人になって15年弱。
まだまだヒヨッコの若僧かもしれませんが、昔に比べて分かった事は
「好きな仕事と継続できる仕事は違う。」
「やりたい仕事と向いている仕事は違う。」

という事です。

どんな仕事に就いたとしてもやりがい働きがいがないとダメなんですよね

責任を与えられ、それを無事に完成させ、人に認められ、そこで初めて得られる充実感達成感こそが自分自身を成長させるんだと最近ようやく気付きました

我が㈱宗重商店は売上げ、社員数、知名度共にまだまだ中小零細企業の枠から抜け出せていませんが、私は社長として上記に書いたような、そういう会社にしたいという思いだけは他の経営者の方には負けないつもりでいます。

まだまだ頑張りが足りないな・・・
今日から気合いを入れ直して頑張ります
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。