むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

スーパーブレイントレーニング

今週の火曜日、西田文郎氏による特別講演会
「スーパーブレイントレーニング」
に参加してきました。

西田先生が過去に指導した蒼々たる経営者、プロスポーツ選手達とのエピソードを交えながら、世の中で成功している人達の脳の使い方をたっぷり3時間にかけて教えて頂きました。

「自分の潜在能力を真に生かしているのは、たった5%位の人のみである。」
の言葉通り、天才凡人の違いは自分の脳に対して肯定的で問いかけるか、否定的で問いかけるかの違いだけであり、成功したからワクワクするのではなく、ワクワクしていたから成功するという事のようです

自宅の10桁の電話番号を覚える事が出来れば誰でも天才の素質があるらしく、自らが立てた目標に対して成功するイメージを持つ事がまず重要で、よく言われるプラス思考、マイナス思考という思考は結果的についてくる事なんですね

誰しも生まれた時は天運が100%の状態で何でもできると思っているはずなのに、その後自らの責任でその可能性を下げている、という事を教えて頂きました。

「人は何故努力をするのか?」「それは自らの天運を下げないため」
と言われたのは、すごく納得していしまいました

よく「運がいい、運が悪い」、「ついてる、ついていない」と言う人がいますが、運は自分で掴むモノですもんね

最後に「夢を実現する法則」というのを教えてもらいましたので、皆さまに是非
1.まず夢を持つ事である
2.夢の話を聞いてくれる友を持つ
3.夢を支え続けてくれる人を持つ


西田先生は講演中こうも言っておられました。
夢が無い人は愛の無い事の証明で、自分でそれを正当化していると

うちの会社にも残念ながらまだたくさんいますが、「能力をなく法則」というのもあって、
1.ねたみを語り合う友がいる
2.不満を語り合う友がいる
3.出来ないを語り合う友がいる
の3つです。

せっかく一度きりの人生、何かしらの感情を持つならば、
不安、恐怖、ねたみ、不満、あきらめの悪い感情より、
自信、確信、明るさ、元気、親切の良い感情を持った方がいいと思いませんか

時間はかかると思いますが、我が㈱宗重商店の社員全員にこのできるイメージを浸透させ、みんなをやる気にさせたいですね

スポンサーサイト

Comment

No title 

先日は、お疲れ様でした。
大変勉強になりましたね!僕は前回に続き二回目で、忘れかけてた事を再認識させていただきました。

安い講演料でないのに、複数社員さんを参加させる宗重商店の社員教育の姿勢に、刺激を受けました。
いやぁ、俺自身が(金額の問題ではない。本気で社員の意識改革をしたいかどうか)ということを自分に問いかけました。

反省です。
ヨシ!これからやるゾ!
  • posted by 笹野由彦 
  • URL 
  • 2010.09/09 09:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: No title 

>笹野さま
KハウジングのK会長ではありませんが、私も社員教育にはお金を投資するつもりでいますよ。
将来的に理想は売上げの0.5%位までは、と思っています。
それでも年間500万近くの人財育成費ですからね!
それだけ、会社が利益を確保できるように頑張らないといけませんね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: