むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

レポート

先日の10月10日に全社員で参加した、むねじゅう初の社外研修会 東日本大震災チャリティー講演会 の内容は、この「むねじゅう日記」でも「㈱宗重商店 社員ブログ」でもお伝えしましたが、その後社内で講演参加レポート用紙を配布し、感想等を書いてもらう事にしました

その内容は、
①感想(受講して感じたこと)

②1番印象に残った講演内容

③自らまたは自部門に取り入れたいと参考になった内容

④本日から実施する行動目標

の4点です。


このレポートを書く事も私の指示ではなく、総務部の発案で実施したんですが、社員さんからあがってきたモノに一通り目を通すとレポート内容が見事に何パターンかに分かれている事に気づきました

A.講演会に参加できた事に感謝し、自分個人にも会社にも生かしていこうとする前向きな内容
・・・少数でしたが女性社員に多く見られました。こういう社員さんは放っておいても自然と伸びていく、自燃性人間ですね。

B.会社として参加したにも関わらず、仕事は一切関係なく個人的に参考にしようとする内容
・・・大半はこういう意見でしたね。時間は掛かりますが何かのきっかけを与えると火がつく、他燃性人間です。

C.自信過剰のため個人的には取り入れる事ができず、周りにいる他人・上司に責任転嫁している内容
・・・これも少数派ですが、この間違ったプライドをへし折るにはかなりの時間・労力を要します。

D.講演内容そのものが自分と全く関係ないものだと理解している残念な内容
・・・別に会社側が予測した期待通りの回答じゃなくても全然構わないんですが、CとDは基本的に価値観のズレている、不燃性人間です。


この私の主観を社員さんに見てもらいたい訳ではないので、
「こんな場所で公表するな
と言われると困りますが、私がレポートを通じて感じた事はただ一つ

1行以内の短文でレポートを書いてきている社員さんは全体的に 人間力 に欠けているという事です

工事においても総務においてもリサイクルセンターにおいても、ましては営業で感想をまともに書けないなんて、
「本当にこの先大丈夫か
と思います。


私はたった40人の中小零細企業、㈱宗重商店の中では社長という偉そうな立場に就かせて頂いていますが、他の業界団体や経済団体では、年齢もかなり若く今でもヒヨッコです

時にレポートを書かなければいけないケースがありますが、与えられたレポート用紙にはビッチリ文字を書きいれるようにしています


それは、書かせる側の人達の気持ち・心情を理解しようとているからであって、
「面倒くさい。」
という感情よりも
「改善のために我々の意見を少しでも聞こうとしてくれているんだ。そうであれば協力しよう。」
という感情の方が勝っているからなんです


今、むねじゅうは
「昭和の解体屋から平成の解体サービス業への変革」
に向けて、改革5年目です。

その中で、取引き形態も既存のBtoBからBtoCに変えていかなくてはいけません。


一流の解体集団を目指す中で矛盾と思われる方もいるかもしれませんが、「技術力より人間力重視」の考え方は今後も変える気はありません

このレポートを社員さんの評価基準にするつもりは毛頭ありませんが、価値観の違う人間と人間が同じ目的地へ向かって一緒に舟を漕ぐ。
常識的に考えても到着するとは思えません


経営者として新しい発見はできましたが、また一つ悩みを抱えてしまいました
誰か私を助けて下さ~い


スポンサーサイト

Comment

No title 

社員さんと真正面から向き合うと、目を疑いたくなるような文が出てきます。

僕も今、行動計画策定シート提出での面談で温厚な僕でもキレました。一番の浸透させる近道ってきっと一番ハードル&トラブルが高いと感じます。
僕が社員さんに(特に幹部社員)に求める事が大き過ぎるのか?とも悩みました。
でも段階を追って成長させていく中で、トップとして折れちゃいけない。そう思うしかないですね。
  • posted by 笹野由彦 
  • URL 
  • 2011.10/24 06:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: No title 

>笹野さま
「何年後にどういう会社にしてたいか?」次第で僕達の期待が変わるんだと思います。
例えばうちは数年以内に50人を超える規模になります。そうすると、どうしても組織づくりが早急の課題なんで幹部社員に対しては求めるモノが大きくなって当然だと思っています。
責任と権限の重さに去っていく社員はそれまでだ、という確固たる信念が最近ようやく固まってきましたよ。
笹野さんの場合、「辞められたら困る。」という社員側の最終兵器でここ一番で甘くなっていませんか?
僕から見ても優しく、温厚な社長というイメージが強いですから(笑)。
嫌われ役を買って出てくれる幹部社員が育つまでは、社長が率先して嫌われ役になるべきだと思います。そういう僕も未だに嫌われ役ですが。
  • posted by むねじゅう 
  • URL 
  • 2011.10/24 07:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: