むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

公開講演会「社員が幸せになる会社づくり」

週末の疲れが全くとれない月曜日の朝を迎えております
その理由はまたおいおいお話しするとして、、、

先週の8日(木)に行われた講演会のご報告です。

「この講演会について早く更新しろ
と一部の方に急かされていますので、頑張ってアウトプットさせて頂きます


主催は私も4年前の設立時から所属している金澤ベンチャー倶楽部
45歳までの元気な若手経営者の集まりですね


10750581280f3636.png
拡大してご覧下さい

約2ヶ月月前の「むねじゅう日記」でも一度告知をさせて頂きました。
平成24年9月19日 「むねじゅう日記」より

講師にお招きしたのが、「カンブリア宮殿」でも放送されたことのある、株式会社ティア 冨安徳久社長

テーマは、
「社員を幸せにする会社づくり」

写真 12-11-08 18 28 12  写真 12-11-08 18 28 18
講演中の写真は撮り忘れたんですが、開演前には会場を埋め尽くす程多くの方に参加して頂きました


司会が冨安社長を紹介すると同時に小走りに壇上に駆け登ると、急ぎ早に自己紹介してからの怒涛の1時間

凄いスピードでとんでもなく中身の濃いお話を、休む間もなくずっと話し続けられました

その場のいた人でないとなかなか伝わらないかと思うんですが、500人以上いた参加者が冨安社長のオーラというかパワーに圧倒されるような感じです


第2部のパネルディスカッションでパネリストとしての出番がありましたんで、最前列で講演を聞きながら自分のイメージづくりをしていて、いつもよりも講演メモは少ないんですが、冨安社長の講演の中で特に印象に残った言葉は、

○仕事とは人に使えること。
  働くとは「与える」ことであり、「得る」ためだけでは人は絶対に幸せになれない。
○「目標追求型」ではまだ足りない。
 「○○をするために生まれてきた」という「天命追求型」でなければいけない。
○人は考え方に魅力がある人に集まる。それは会社(法人格)も同じ。
○人を育てるには「この人みたいになりない」と思わせることが一番効果的。
○企業教育とは「働くとはこういう事だ」という志・思いを教えること。
○成功ではなく、「成幸」、仕事ではなく「志事」、人生ではなく「尽生」。
○人は忘れる生き物、アウトプットが何よりも大切。


心ちゃん、黒ちゃん、こんなんでどうでっしゃろか


第2部の会員同士のパネルディスカッションでは、進行役の島村社長にかなり助けてもらいましたが、適度な緊張感の中、大役を全うすることができました
写真 12-11-09 10 02 21 (1)  写真 12-11-09 10 01 55

なにせ、第1部と講演会と同じテーマなもんで、上場企業の大社長が完璧な答えを言ってしまった後に、話すほど辛いものはありません・・

写真 12-11-09 10 06 14
アッという間の1時間は無事終了です


当日、早い時間から会場入りして準備をして下さった全倶楽部メンバー、後援して頂いた企業さま、会場まで足を運んでくれた多くの皆さまのおかげで公開講演会は大盛況で終えることができました。

また、個人的にも貴重な経験をすることができ、周りのみんなには心から感謝の気持ちでいっぱいです

本当にありがとうございました
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: