むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

均等雇用

先日、石川労働局の女性指導官さんがむねじゅうの雇用調査に来られました。

最初は、就業規則や社内規定の話がメインでしたので、お互いに笑って話をしていたんですが、段々と質問の内容が、女性社員のことばっかりに。

うちの会社は自分でいうのもおこがましいですが、男社会の建設業(特に解体業)だからこそ、女性が活躍できる会社を目指そうと今まで取り組んできました。

過去は結婚したら寿退社という悪しき社風も改善し、産休制度やパート社員としての復職も可能にするなど、まだまだではありますが、少しでも働く女性に優しい会社を目標としています。

今現在も産休中の社員もいますし、パート社員であっても正社員と変わりなく役職を与えて頑張ってもらっています。

「あっ、今日は男女差別的な話なんですか!?」
と聞くと、
「そうです。雇用均等についてですよ。」

僕が知らなかったのもいけなかったんですが、後半は卑屈な質問がメインに。

Q「どうして現場には女性作業員がいないんですか?」
A「募集してもこないからです。」

Q「滋賀県のこの社員寮は男子寮ですか?」
A「いや、男子寮とは決めてませんので女性も利用可能ですが、今は女性がいませんし・・。」

Q「女性の総合職がいないのは何故ですか?」
A「総合職に登用できる制度はありますが、たまたま社歴が浅い社員ばっかりですので。」

こんな偏見のある質問の繰り返しです。

終いには、
Q「どうしてむねじゅうさんには女性社員がこんなに少ないんですか?」
A「はぁ~~~~!?」
最近、人様に対してあまり感情を顔に出すことは無かったんでが、流石にあきれ果てました。
A「解体屋だからでしょ!!」
A「地元の同業者と比較しても、2割以上のシェア(現在8名)を占めるうちの会社は多い方だと思いますよ。」

あまりにもイライラが積もってきたので、あとは総務部長に任せて部屋を出たんですが、最後には、
「女性社員の外見について何かを言うのもセクハラになりますから。」
ということでした。

「髪を切ったら「髪切ったね。」と言いますし、それがコミュニケーションや信頼関係の基本でしょ。」
と応えたんですが、全く聞く耳を持ってませんでしたね。

よっぽど昔に嫌な過去があったんじゃないだろうか・・、
と心配したくなくほどでしたが、ああいう方が世の中のパワハラやセクハラ問題を増長させているんだなと確信しました。

もちろん、社長としても男性としても、そして男性が大半のむねじゅうとしても女性の扱いには気を付けなくてはならないのですが、個人的にはそれこそが男女差別のような気がしています。

後から聞くと、社労士さんの間でも「敵に回さない方がいい。」という相手だったようです。
やってしまいました・・。

再度いっておきますが、むねじゅうは営業マンも現場作業員も男性だけとは一切決めつけておりません。

体力に自信のある方、元気に挨拶の出来る方、むねじゅうの理念に共感できる方がいらっしゃいましたら、いつでも女性社員を募集しています。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: