むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

イチローの恋人

先週参加した、某金融機関さんの講演会のご報告です

講師はNPO法人ベースボールスピリッツの理事長でもある奥村幸治さま。

元オリックスブルーウェーブでイチロー選手専属の打撃投手を務め「イチローの恋人」とも呼ばれ、その後ボーイズリーグの「宝塚ボーイズ」では田中将大選手を輩出、現在では世界少年野球大会の関係で星野仙一監督とも大変交流が深いそうです

講演タイトルは、
「夢を現実にさせるためのセルフマネジメント ~イチローの原点を知る男 田中将大を育てた男~」
・一流選手はなぜ一流であり続けることができるのか?
・そのための考え方や行動は何なのか?
・強い組織づくりとは?

について講演頂きました

年齢も私の2つ年上という、大変若い奥村さんなんですが、話しぶりもとても謙虚で打撃投手としての現役引退後も名選手に慕われ、可愛がられる人柄を感じました

奥村さんが打撃投手として入団した、当時土井監督時代のオリックスは、V9を成し遂げた読売巨人軍の川上哲治監督の教えを守り、
「プロ選手としての見られる意識」
を徹底したそうです。

当時の選手はホームゲーム以外はほぼ地方の遠征なんですが、移動中はスーツ着用、雑誌や新聞を見ることもウォークマン(当時)を聞くことも全て禁止だったそうです

また、日本野球とアメリカ大リーグの教育・指導方法の話題では、朝から晩まで練習スケジュールが詰め込まれている日本と、午前中の数時間で全体練習が終了する内容の違いについて触れられ、その教え方の違いがやらされ感自主性との差になるといわれました。

これは、会社経営にとっても同じことがいえますね

名将とされる監督の指導方法には日米ともに共通点があり、それは、
○野球だけではなく人間を磨かなければならない
ということでした。

イチロー選手の話になりますが、愛工大名電時代には1日10分間の素振りを365日3年間続けてきたことが彼の自慢だそうです

簡単なことほど続けることが難しく、改めてルーティンワークの大切さを教えて頂きました。

大リーグに行った後も、彼は試合前の練習で毎日40分もの間、ファンにサインをしているそうです

プロの職業人として、上の立場になればなるほど今の環境に感謝することができるという気持ちの表れなんですね

昨年、破竹の24連勝を果たした田中将大投手についても、駒大苫小牧に入学した経緯や、星野監督への思いを聞くことができ、
「もしも昨年Aクラスに入ることができなければ、監督を解任されるという球団内の噂を何が何でも覆したい。」
という師弟愛が負けない伝説をつくったということでした

途中、涙するくらいの感動秘話もありましたが、私が共通して感じたのは、
○一流選手は自分を客観視することができ、現状維持を求めず常に上を目指しながら、同時に最悪のリスクを考えて行動している
ということです。

講演後の懇親会では名刺交換もさせて頂き、直接話をする機会もあったんですが、本当に素敵な方でした

元プロ野球選手、しかも選手ではなく打撃投手から企業経営について多くのことを学べる貴重な時間となりました

今後の経営者人生においても、生かせるノウハウは私の宝物になりそうです
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: