むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

今月のこの1冊(8月)

忘れないうちに今月のこのシリーズを。
出張で移動時間が長かった7月に読み溜めした本のアウトプットをさせて頂きます。

今月のこの1冊は、
tamai.jpg
「成長・発展する会社の法則~絶対条件と必要条件~」
著者 田舞徳太郎

本屋さんに行った時に、我がむねじゅうの創業者である宗守徳太郎と同じ名前だったことから手にした1冊だったんですが、よくよく調べてみると、㈱日本創造教育研究所の代表者でもあり、今現在でも幅広い内容でセミナー講師をされている方なんですね

第1章 永続する企業を創るための考え方
第2章 「人間尊重」の企業を創る
第3章 愛社精神が成長・発展の背景となる
第4章 日本人の仕事観
第5章 自主管理型組織を創る


今、個人的に深堀りしようとしている「理想の会社経営」の内容が大半でしたので、とても興味深く一気に読み終えることができました

多少、経営について勉強したことのある方からすれば、基本に立ち返ることのできる入門書なのかもしれません。
・・ということは、社員共育用にはモッテコイの中身です。

○企業にとっての成功とは、「永続する」ことにある
から始まる内容は、人財育成の観点から、成長・発展する会社には何が必要なのか?

羊羹で有名な虎屋(とらや)や、トヨタ、キヤノンの成功事例をもとに、「人間尊重」「自主管理」「愛社精神」などのキーワードを提示し、成長・発展する会社が共有している価値観強みは何であるか?
が大変分かりやすく解説されています。

○社長力、管理力、現場力が本当の意味で三位一体となり、相乗効果を発揮しないと真の成功は生まれない

社長は社長力を、幹部は管理力を、社員さんは現場力を高める努力をし続けないといけない!
ということなんですね。

最後に、
「子曰わく、君子は道を謀りて食を謀らず。耕して飢其の中に在り。学べば禄其の中に在り。君子は道を憂えて貧しきを憂えず。」

楽して儲けようという経営者も、効率ばかりを追いかけてお客さまを無視した名ばかり幹部も、義務を果たさないで自分の権利だけを主張し「給料だけたくさん欲しい」という社員も全部ダメ。

努力したってすぐには報われない。
自己を磨き、お客様に喜ばれるように学び続けていれば、いつか必ず成功する。

「自分の努力で困難を開拓し得た境地には、金銭に代えがたい人生いの味わいがある。」 by 松下幸之助

そういう仕事を信頼するパートナー(社員さん)としていきたいですね~
勉強になりました
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: