むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

会して議せず

我がむねじゅうには、朝礼に始まり、会議・ミーティング等、意見交換や情報伝達・共有、各種案件(意志)決定を目的とした場がいくつか存在します。

個人的に
「会議ばっかりやってる会社はロクな会社じゃない」
という考えを持っているんですが、社員数も増え、会社が周囲に与える影響が徐々に大きくなっていくうちに必然的にそういう機会が増えてきたのも事実。

過去は私が司会進行役から、議事録作成&配布まですべてを1人で行っていたんですが、さすがに最近は担当者が責任をもって各会を運営してくれています。

ただ、その場において、発言する人としない人の差がハッキリと出てきていることが最近ちょっと心配でして、リーダーが1人で準備をし、1人で考え、1人で発言しているようでは本来の目的とはかけ離れた結果にしかなりません。


私が思う、本来の会議・ミーティングのとは、最近読んだ本の言葉を引用すると、
「会して議せず、議して決せず、決して行わず、行ってその責を取らず」

この一言に尽きるのではないでしょうか。

分かりやすく解説すると・・・、
○会して議せず
集まっても議論せずに報告会になっている
集合はすれど発言がない
社長、幹部はじめリーダーのワンマン会議

○議して決せず
議論しても何も決まらない
発言、議論は交わされるが意見がまとまらない

○決して行わず
決定事項が実行されていない
有言不実行

○行ってその責を取らず
文字通りです
実行した結果に対して、指摘・罰則が何も与えられない風土

参加者全員の限りある時間と貴重な労働力を費やして効率の悪い会議を平然と進めていても、生産性という意味でも非常に無駄で勿体ないことですし、効率の悪い会議を進めていること自体に気付いていないケースも案外多いとのこと。

まずもって、会議とは、
「過去や現在の報告をする場ではなく、未来に対してどのようなコミットメント(約束)をして、そのコミットメントに対して具体的なアクションを決め、宣言する場」
であるべきなんです。

未来に対して、『思う』のではなく、しっかりと『決める』ことをする。

会議で決めたと思っていることでも、実際には『決める』ことが出来ていないそうですよ。


「責任を負わされるのはイヤだ!責任は出来るだけ軽くして欲しい!責任のある立場は面倒くさい!
・・でも、給与だけは人並み以上に欲しい。」

1日も早く、そういう組織から脱却しないといけないな、と強く感じます。

短時間で高い成果を生み出すためにも、会議・ミーティングを行うにあたっての「運営マニュアル」を早々に整備しないといけないと思いながらただ今模索中なんですが、これがなかなか難しくって・・。

いいアドバイスがありましたら、是非ともご教授頂きたいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: