むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

アドラー心理学

今月のこの1冊シリーズのためにとっておいても良かったんですが、昨年末サボってしまったことを反省して、今回はあえて「学び」のカテゴリーでご紹介させて頂きます。

その1冊とはこちら。
KKBest_201501261111520e1.jpg
「アドラー心理学入門」 著者 岸見一郎 氏

恥ずかしながらこの私、数年前から結構な本を読んできたつもりではいたんですが、このアドラーという人物のことを全く知りませんでした。

Googleで検索してみるとかなりの数がヒットされます。

先日のとある勉強会でアドラーのことを知り聞き、その場でAmazonで注文。
早速目を通してみると、目から鱗の内容ばかりだだったこともそうなんですが、アルファレッド・アドラー氏という心理学者が後に与えた影響の大きさにビックリしてしまいました。

有名どころでいえば、「人を動かす」「道は開ける」などの著書で有名なデール・カーネギーや、「7つの習慣」のスティーブン・R・コヴィーもアドラー心理学から受けた影響が大きかったとのこと。

さらには欲求段階説のアブラハム・マズローもアドラーのもとを訪れたことによって、独自の心理学を結実されたということです。

一言でアドラー心理学をいうのならば、「勇気づけ」に尽きるんですが、

○「人間は、環境や過去の出来事の犠牲者ではなく自ら運命を想像する力がある」
から始まる『自己決定性』

○「人間の行動には、その人特有の意思を伴う目的がある」
という『目的論』

○「人は心の中が矛盾対立する生き物ではなく、一人ひとりかけがえのない、分離不能な存在である」
という『全体論』

○「誰もが自分だけのメガネを通してものを見ている」
という『認知論』

○「すべての行動には相手役がいる」
という『対人関係論』

の5つの理論がベースとなっています。

d47249395b00bf3d582ebad252b0259c.jpg

その他にも、
・共感と同情では全く意味がちがう

・新しいパターンを身に付けるためには、
①わかる→できる→身に付く
②決断→実行→継続
③無自覚的器用さ→自覚的不器用さ→自覚的器用さ
の3つのサイクルが大切

・自分をかえるためには、ニーズ、スキル、勇気が必要

・良い人間関係を築くためには、
①尊敬
②信頼
③協力
④共感
の4つのガイドラインが必要

・ほめることは人を依存的にするだけで人は育たず、自立的にするためには勇気づけること

など、今から100年前に完成されたとは思えない素晴らしい言葉が私の心を強く打つことになりました。

最後に、アドラー曰く「勇気づけ」とは、
「困難を克服する活力を与えること」であって、
○相互尊敬・相互信頼に基づく共感的な態度
そして、
○共同体への所属感、共感、信頼感、貢献感を総評した「共同体感覚」の育成
が欠かせない、ということでした。

本当に理解し、自分の腹におちるまでにはまだまだ時間が掛かるとは思いますが、一人ひとりのパーソナリティの違いを認め、自分自身を、そして他者を勇気づけられる人間になれるようにこれからも努力していきます!!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: