むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

感動MOVIE(人であふれた駐車場)

先月思い立ったように始めた感動MOVIEシリーズですが、間髪置かずにいきなりの第2弾。

今回は、
・いつも中途半端で、本気になれない貴方
・夢を持つことができないまま、ただ毎日を過ごしている貴方へ
に向けてのメッセージです。

この話は駐車場の管理人のおじさんが、「挨拶すること」と「謝ること」をただ愚直にやり続けたことによって周りの人に与えた影響についてのお話です、

感動します。
是非どうぞご覧ください。


「私はいつも自分がやっている仕事を楽しみたい。
そう思っているだけなんです」

目の前のものに打ち込むこと、そして心底から楽しもうと努力することってやはり大切なんです。

「仕事の最後の日
自分がこれまで仕事にどのように関わってきたのかを周りの人が教えてくれる」

「つまらない仕事なんてない
仕事の関わる人の姿勢が仕事をおもしろくしたりつまらなくしたりするんだ」


我が㈱宗重商店を例にとっても、過去から現在まで多くの社員さんが入社し、また退社していきました。
理由は人それぞれですが、心の底から惜しまれる人と、1年もしないうちに忘れられてしまう人がいます。

その違いって何なのかな?
と考えたことがあるんですが、私が思うにその人が挙げた実績や成果なんかよりも、普段の人柄・考え方や勤務態度によるものの方が随分と大きいことに気付きました。

また、辞めていく人の傾向は、自分の居場所を見つけられないと同時に、日々の仕事が常にやらされ感満載で楽しめていないような気がします。

いつも自分だけのために時間とお金を使う人
対して、先ずは他人を優先して物事を考えられる人、では行って来るほど周囲からの印象は違うものとなるんですね。


一番長くて大きい影響の輪はものは自分自身の人生においての関わりなんだと思いますが、そこから始まり少しずつ小さなコミュニティへと関わりの大きさが小さくなっていく。

アルバイト先もそう、町会の班長もそう、各種団体の役員や、小学校の掃除係もその一つに入ります。

その中で、目の前のものをどれだけ自分が楽しめるか?
そして、どういう姿勢で取り組んでいるか?

担当する任期が終わった時、周囲にどう感じてもらえたかってことがその人の評価の良し悪しに繋がっていくということなんでしょう。


どんなことでも構いませんが、何かの最後となる日に多くの方に集まってもらえるような行動を今日一日も心掛けたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: