むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

9セルメソッド

あっという間の2ヶ月が終了してしまいました。

月10件のブログ更新という、自分との約束を早速破ってしまったわけですが、たった3日間ではありますが、2月の日の少なさを肌身に感じるようになりました。

先週のある日、石川ベンチャー倶楽部の2月定例会にて、会員の有限責任監査法人トーマツ 高村藤基氏によるセミナーが開催されました。

テーマは、
IPO企業に学ぶ「成長のために経営者が考えること」

IPOとは、文字のごとく「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の頭文字の略です。

前半部分は新規株式上場した有名企業の特徴や傾向を学んだんですが、後半では国内の医師向けコミュニティサイト「MedPeer」を運営する、メドピア㈱のビジネスモデルを参加者全員で学びました。

その後、9セルメソッドというフレームワークを使って、それぞれの会社のビジネスモデルを分析したんですが、これがなかなか面白いんです。

9seru(1).jpg

縦軸には、ビジネスをつくり出す要素として、顧客価値、利益、プロセス
横軸には、ビジネスに必要な要素として、WHO(誰に)、WHAT(何を)、HOW(どのように)

出来上がった9つの項目を、それぞれが整合性をもつように記入していくことによって、自社のポジショニングとビジネスモデルを構築していくフレームワークです。

p24_fig3.jpg

また、これには適正な順序というものがあって、実際に考えながら埋めていくと、商品・サービスを売っている我々とお客様の真のニーズが違っていることもしばしば・・。

今まで儲かっていると思っていたものでも、実は稼ぎ頭は別の商品・サービスだった、といった気付きも得ることが可能になります。

あんまり詳細まで説明すると、トーマツさんの営業妨害になってもいけませんので、ここら辺で止めておきますが、座標軸を用いて自社の商品を細かく分類するということは今後のビジネス展開において、必要不可欠だということだけは理解できました。

早速、機会を設けて社員さん(特に営業マン)と今後のむねじゅうのあるべきビジネスモデルについて考えてみたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
新しいブランディング「感動イノベーション。」を立ち上げ丸1年。

魅せるむねじゅう、カッコイイ現場など、様々な改善を行ってきましたがまだまだ中途半端な1年でした。

6月に会長という大きな柱を失いましたが、これまで以上に一致団結し成長・発展を目指します。

今年の個人テーマは「Think Globally,Act Locally.」。
常に全体を俯瞰しながら、目の前の小さなことにも細心の注意を払って実践したいと思っています。

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに!
2018年もどうぞよろしくお願い致します。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: