むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

守破離

お久しぶりに真面目な投稿を。

日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係の在り方の一つ、守・破・離(しゅ・は・り)について。

稽古を積む過程、すなわち修行における順序を表す言葉で、独自の境地を拓く道筋として、師の流儀を習い、励み、他流を学ぶことを重視した教えです。

一般的には、
守(しゅ)・・師匠に言われたこと、師の流儀・型を習い、「守る」こと

破(は)・・・師の流儀を極めた後に、他流も研究すること
       その型を自分と照らし合わせ、自分に合ったより良いと思われる型をつくることにより、既存の型を「破る」こと

離(り)・・・自己の研究を集大成し、独自の境地を拓いて一流を編み出すこと
       師匠の型、そして自分自身が造り出した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から「離れる」こと

日々の仕事に当てはめて、もっと分かりやすいいい方をすれば、
 「守」・・型や技を身に付ける(体得)する、基本・基礎を守る
      学んだこと(基本・基礎)を実践する段階

 「破」・・今まで身に付けた基本・基礎を少しずつ破る
      試行錯誤をしながら自分流のスタイルに挑戦していく段階

 「離」・・あえて基本・基礎から離れる
      基本を踏まえたオリジナルのスタイルが構築されている段階

更にもっと分かりやすくいうと、
 「守」・・上司・先輩を真似る

 「破」・・独自に工夫する

 「離」・・元を離れて学んだことを進化させる
ことだと考えます。

ちなみに新入社員の頃は、守・破・離の一歩前の「習」で、基本・基礎を学び、習う段階なんですね。


皆さんの今現在の仕事はどの段階ですか?

「離」はさすがに幹部クラスの中でも一部の優れた社員さんが目指すところだと思いますが、一般社員さんにとっても少なくとも「守」ではなく、「破」を皆さん自身の目標にして頂きたいと思います。

ただ、いきなり努力だ、工夫だといわれても何をすればいいのか分からない・・、というのも当然です。

まずは「誰にでもできることを、誰にも真似できないくらいに徹底して行う。」
こういうことが肝心なのではないでしょうか。


まさに、「凡事徹底」。

今後の自分自身を戒める言葉にしていかねばと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: