むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

中国地方旅行記③

前日に死ぬ程炭水化物を食べた翌日の朝。

出張に来たら必ず行うことにしている早朝ランニング。


広島城と旧広島市民球場跡。


原爆ドームと平和祈念公園。

電車やタクシーなどの交通機関ではなかなか味わえない楽しさがそこにはあります。

多少は接収しすぎたカロリーを消化できたのかな。

今日は広島市を離れ、呉に向かいます。

到着したのは、大和ミュージアムと海上自衛隊呉資料館(通称 てつのくじら館)。




ここでは戦艦大和や潜水艦のビジュアルに興奮する予定だったんですが、隣接している資料館で戦時中の日本の歴史を閲覧していると、今我々が平和で過ごしていることは先人たちの国を思い、命がけで守ってきた歴史があったことを教科書で読んだ以来知ることになりました。


てつのくじら館では元艦長が艦内を詳しく説明してくれます。

ちなみにガイドさんお勧め、こちらの名物、メロンパンとナナパン。

持つとズッシリくるかなりのボリューム。
家族へのお土産にしました。

ここはいつか子供を連れて行きたいところですね。
いかに現代が恵まれた時代なのかということを家族で学べる素晴らしい場所でした。

昼食は、山本五十六長官御用達だったという、戸田本店さん。

アッサリとした味付けで弱った胃袋に沁み渡りました。

道中、岩国ではアメリカ海兵隊の基地を見ることもできました。


そして、木製の橋の芸術、錦帯橋。


片道200mを越える建築技術はまさに匠の技。


2日目のお宿は湯田温泉 西の雅常盤さん。

毎晩開催される女将劇場が有名ということで、怖さ半分覗いてみたんですが、御歳70歳を越える女将さんが演じるマジックショー、歌謡ショー、その他諸々は見ていられないほどのクオリティーでした(笑)

レオタードのなる勇気だけは本物でしたね。

2日目の〆は偶然であったとんこつラーメン葉月さん。

こちらのラーメンは、本場博多でもなかなか出会えないホンモノの味でした

明日の朝も走らないと炭水化物の連続でお腹周りが大変なことになりそうです。

中国地方旅行記②

1日目の夕食は釜飯が有名な郷土料理だったんですが、写真を撮り忘れてしまいました。


唯一、1枚だけ撮ったジャコの釜飯。
大変美味しゅうございました。

せっかく来た広島県、長旅で疲れているとはいえそんな簡単にホテルに帰るわけにはいきません。
お昼に食べたお好み焼き屋の店長から聞いた、「プロが選ぶお勧めの店」。

それがこちら、ふみちゃんです。


結構な時間だというのに、お店の中にはお客さんでいっぱいです。


広島県民の〆のお好み説は本当でした。


私が頼んだこちらのネギトッピングの豚お好み焼き。

真面目に絶品でした。
今まで食べたランキングでもトップ確定です。

各自自由行動していたメンバーが飲み屋さんで集結し、これまた広島では有名だという激辛つけ麺。


こちらは30倍の辛さだそうですが、現地の女性曰くまだ甘いとのこと…。
母さん、日本は広いです。

中国地方旅行記①

間隔が空いてしまいましたが、4月の終わりに行ったお客様の研修旅行のお話を。

やってきました広島県へ。

特急と新幹線を乗り継いできたので、朝7時金沢駅出発したのに到着はお昼。

広島駅前のビルの最上階にある、ひろしまお好み物語 駅前ひろばには地元を代表するたくさんのお好み焼き屋さんが所狭しと並んでいます。




お腹ペコペコの一行には大満足の昼食を食べて、向かうところは世界遺産厳島神社。

原爆ドーム、平和記念公園近くの平和公園港から一路遊覧船に乗って宮島港に向かいます。


見えてきましたよ、海に浮かぶ鳥居です。


奈良公園のようにこちらには鹿がたくさん生息しているんですが、奈良とは違い全て野生だということ。

餌付けしていないため若干下細いですが、性格は温厚で人懐っこい鹿さんでした。

潮の満ち引きによって大きく景観が変わる厳島神社を急ぎ早に観光し、落ち着くところはやっぱり地元グルメ。


宮島ビールと穴子の竹輪が合うこと合うこと。


平和記念公園にて原発によって多くの命を失った一般市民、そして戦没者を弔いようやくホテルに向かいます。


1日目はかなり移動時間が長かったので、各自一旦休憩して初日の懇親会。
何が食べられるのでしょうか。

ミッション

先日の新聞に現在施行中の現場が大きく載っていました。


「10年以上放置された廃旅館。強風時には破片がはがれ落ち、住民や観光客の安全を脅かす事態も…。跡地には子ども広場、展望スポットを整備して、景観向上と街の活性化に。」

こちらから新聞社にプレスしたわけではないんですが、朝起きて新聞を開いた時にあまりの大きさに見入ってしまいました。


我々の仕事は”新しい街づくり”の大切な役割を担っている。
改めて、そう感じるきっかけになりました。

それを受けて、隔月で発行している社内コミュニケーションツール「社内報」の社長のメッセージ欄に初めて、地域とのつながりについて記載してみました。


~「私たちができる地域貢献活動とは?」
とても難しい題材ですが、一般的に会社は税金を納めること、社員を雇用することなどが、最初の社会貢献だといわれています。

地域イベントへの参加やインターンシップ、近隣清掃活動ももちろん地域貢献活動の一環ですが、むねじゅうができる本当の地域貢献とは何なのか?を今一度考える必要があると思います。

ひと昔前ですと、寄付・慈善・奉仕活動が地域貢献の中心でしたが、2000年以降、CSR(企業の社会的責任)の考え方が多くの会社の理念の中に組み込まれ、社会的課題解決に向けた「成果による貢献」が求められるようになってきました。

お金で解決できる貢献ではなく、企業価値の向上、本業の強みを生かした活動が地域に求められているということです。

個人ではできない大きなことをするのが会社。
会社というスケールメリットを生かして、より大きなお役立ちを行うのが本来会社のあるべき姿です。

自社のことばっかり考えるのではなく、三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)の精神でいう「世間よし」にも目を向けられる会社が今必要とされていると強く感じます。

我々が地域に何かをしてあげるのではなく、そもそも地域があるから我々が存在しています。
 ・老朽化した建造物の飛来による街の危険を回避する
 ・法令順守と安全でお客様の不安を安心に変える
 ・住空間のお困りごとを解決する
 ・子供たちに建設機械を通してワクワクを与える
 ・カッコイイ!を魅せる
 ・人をつくる、会社をつくる、社会をつくる
 ・新しい街づくりの一役を担う
などなど、私たちのミッション(使命)は多岐にわたって広がります。 

問題解決型サービス業として、地域の課題・悩みを解決すること。時代に応じて変化し、常に選ばれ続ける企業づくりはそんなに簡単なモノではありません。

日本の全事業所の99%が中小企業であることに誇りをもち、地域と共存していることを実感し、会社の存在そのものが地域(社会)のお役に立つ、そんな未来を一緒に描きませんか?

「事業そのものがCSRでなければならない」作田久男(オムロン社長)~


社員さんからすれば、ちょっと難しい内容なのかなとも思いますが、社長という立場だからというのではなく、社員さんの立場からでも、
「何のために自社が存在しているのか?」
「むねじゅうの存在意義(存在価値)とは?」
「地域(社会)にどう役に立っているのか?」
なんてことを考えてみると、日々の働き方が少しでも変わってくれるのかな~、という願いを込めてあえて書いてみた次第です。


「経営とは人を通じて物事を達成する業なり」 
どんな会社にも必ず目的とそれを達成するための手段があるはずです。

私自身ですら時に混在してしまうこともありますが、「新しい街づくり」という大義を忘れることなく、常に時代に必要とされる会社をつくっていきたいですね。

今月のこの1冊(2017年4月)

読書をサボっていたわけではないんですが、この企画を完全に忘れていました。

2ヶ月ぶりの「今月のこの1冊」です。
51SSQRXD3AL.jpg
「君主論」 マキアヴェリ著

元は数年前に友人から頂いたもの。
日本史には興味があっても、世界史が苦手だった私には、当時は取っ付きにくい古典というイメージでした。

ただ、最近「リーダーとはどうあるべきか?」
を考える機会が増え、再度前とは違った明確な目的を持って手に取った次第です。

ニッコロ・マキアヴェリがロレンツォ・デ・メディチに捧げた、「君主とはどうあるべきか?」という提言は、社会背景や国が違えど非常に参考になる部分が多い至極の1冊です。


○君主の力量と運が重要
世襲制では君主はそれまでの慣例に従えばいいので国家統治は簡単。
問題はこれから新たに国家を作り、君主として君臨する場合。

新しい君主国家には従うべき慣例がない。
そこで重要となるのは、君主の力量と運。
この2つがあれば統治はいくらか簡単になる。

○君主国家の土台は法律と武力(軍隊)
国家の土台は2つ。
・よい法律
・よい武力(軍隊)
  全ての国にとって重要な土台となるのは、よい法律とよい武力とである。
  よい武力を持たぬところに、よい法律のありうるはずがなく、よい武力があって、はじめてよい法律がありうるものである。

○よい武力=自国軍
軍隊には自国軍、傭兵軍、外国からの援軍、混成軍などがある。

よい武力は自国軍。外国援軍、傭兵軍は全然ダメ。
経験的に見れば、自国軍をもつ共和国は栄えてきたが、傭兵軍はむしろ自国に害を与えるだけに終わる。

○君主の職務は武力に関わるものだけ
君主は軍事に関わる事柄だけを職務とするべき。
これが統治者に属する唯一の任務。
他の趣味にかかずらっているようでは国を失う。

○君主は悪徳であっても行使しなければならないときがある
君主は生き残るためであれば、悪徳を行使する能力を身につけ、これを臨機応変に行使する必要がある。
君主は悪徳であっても行使しなければならない場合がある。

一つの悪徳を行使しなくては、自国の存亡にかかわるという容易ならぬ場合には、汚名など構わずに受けるがよい。
というのは、全般的によく考えてみれば、たとえ美徳のように見えることでも、これを行なっていくうちに自分の破滅に通ずることがあり、一見悪徳のように見えても、これを行なうことによって、自分の安全と繁栄とがもたらされる場合があるからである。

○君主の振るまい方
・ケチと思われても気にしない
  だんだん歳入が豊かになり、民衆に負担をかけずに戦争できることが知られるようになると、いい評判を得られるはず。
・恐れられているほうが安全
・信義ある人間と「思われている」ことが重要
  いつでもそういう態度は捨てられるようにしておくこと
・戦争に勝っている間は大衆からよい評価が得られる
  その間は反乱を気にしなくていい
・尊敬されるために白黒ハッキリした方針を示すこと

○運命を打ちのめすほどの勢いで
この世は運命と神に支配されている。
人間がどうあがいても、この世の進路は変えられない。

とはいえ、運命が人間の活動に影響を及すのと同じくらい、人間の活動も運命に影響を及ぼしている。
運命は変化する。この変化に応じて臨機応変に、果断に進むのがいいだろう。

運命の女神はひとりの女性だ。彼女を征服するには、打ちのめしたり突き飛ばしたりする必要がある。
そういう者にこそ、運命は従順になるようだからだ。


国家を統治するため、国家の発展のためには、多少の犠牲も厭わないし、場合によっては民衆に嘘をついてもいいなど、統治のためになすべきことが合理的に書かれているのが特徴的でした。

あくまで、「君主論」として書かれていて、道徳性を求めない割り切ったところが非常に秀逸です。
また、実際の史実に基づく君主の事例を多数あげながら、簡潔にまとめられているので、完全なるノンフィクション。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」 by ビスマルク。
これからリーダーとして組織を統括する人、既にリーダー的立場の人には大変役に立つ1冊だと思います。

最近流行の下手なビジネス書を読むよりは、何百年も前から伝わるこういった古典の方が本質を付いているなと思うようになってきました。

中身は150ページ程度ですので、100ページの解説を除けばそんなボリュームが多い本ではありません。
数年後にまた読んでみたいと思います。
是非一度、本物の1冊に触れてみて下さい。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: