むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

入社式②

入社式当日の様子をお伝えします。
写真 2017-04-03 10 31 35_R

式次第に沿って、経営理念の唱和から始まります。
a (5) a (2)

前回のブログでもお伝えした私からのお祝いの言葉。
写真 2017-04-03 9 35 16_R 写真 2017-04-03 9 35 22_R

続いて、辞令交付。
1 (4) 1 (7)
岡田くん(左)と林くん(右)。

1 (10) 1 (17)
堂平さん(左)と北川くん(右)。

1 (13) 1 (20)
浅井くん(左)と熊谷くん(右)。

ここで、6人の新入社員からの一言をいただきます。
1 (22) 1 (24)

1 (26) 1 (30)

1 (28) 1 (32)

そして、役員&幹部社員紹介と激励の挨拶です。
写真 2017-04-03 9 51 56 写真 2017-04-03 9 55 44

写真 2017-04-03 10 07 27 写真 2017-04-03 10 10 27_R

写真 2017-04-03 10 15 05_R 写真 2017-04-03 10 18 17_R

なぜか緊張している2年目社員の津上。
1 (33)
この後、1年先輩の社員3名より「1年目の振り返り」と題して、10分間ずつの講演をしてもらいました。

写真 2017-04-03 10 34 11
イケ面の岡田。

写真 2017-04-03 10 43 18
天然の津上。

写真 2017-04-03 10 52 34
しっかり者の長田。

個性溢れる1年前の新入社員も今ではしっかりしてきました。

最後に合宿研修で行った「60歳の自分」を発表です。
写真 2017-04-03 11 07 49 写真 2017-04-03 11 09 10

写真 2017-04-03 11 12 34 写真 2017-04-03 11 10 20

写真 2017-04-03 11 13 48 写真 2017-04-03 11 15 14_R

最後に恒例の集合写真。
写真 2017-04-03 11 26 30

初日は余所余所しかった6人も今では旧友のように仲良くなっています。
写真 2017-04-03 11 28 29

歓迎会ランチを食べて入社式は無事終了。
写真 2017-04-03 11 33 58 写真 2017-04-03 11 36 00_R

写真 2017-04-03 11 36 32_R 写真 2017-04-03 11 36 55_R

4月7日まであと1週間研修は続きますが、みんな日に日に表情が明るくなってきました。

今年はなんと私と干支が寅で同じ。
2回り、24歳違う世代が入社してきました。

今回は写真ばっかりになりましたが、何事にも節目の行事を大切にするむねじゅう。
自分の子供の入学式のような気持ちになるアットホームな入社式に大満足です。

入社式①

本日は2017年度の入社式。

平成22年に採用を始めてから今年で8年目。
なんと今年は大卒1人、高卒5人の合計6人の採用を行いました。

過去最多の人数ということで、受け入れる側もなかなか大変でして、2週間前の3月21日より社内研修を行い、基礎中の基礎、基本中の基本を徹底的に叩き込んで今日の入社式を迎えました。

毎年辞令交付の後、社長としてはなむけの一言を話しているんですが、立場上人前で話す機会が多いといっても毎年悩むもの。

今年は、
・人間のアイデンティティは今まで出会ってきた人の集大成。
・行動と出会いが人生を創る。
・人は成長するもの。
・会社は責任を持って成長できる機会を提供します。
・会社はあなた達を幸せにする義務があるけれど、幸せになれるかどうかはあなた達次第。
・人生は自分を主人公にしたドラマ。
・感動的な人生にするためには。たくさんの苦労や苦難を経験して、それを乗り越える試練が多い方がいい。

そして、毎年4月1日に日経新聞に掲載してあるサントリーの広告の一文を朗読しました。

~新しい情熱を待っている。~
新社会人おめでとう
今日、君はどんな職場で社会人のスタートを迎えただろうか。

どんな仕事であれ、そこが君の出発点だ。

仕事とは何だろうか?
私は、理想と、情熱で、獲得するものだと思う。

でも今の君に、理想である仕事はすぐには見えないだろう。

汗を流し、逆風を進み、働き抜いて、ようやく見えるものだ。

しかし、情熱は、今日の君の中にもあるはずだ。

人を、モノゴトを、社会を動かす原動力こそが、情熱だ。

ひとつアドバイスをしよう。
十人の人間に、十色の、十のかたちの情熱があるんだ。

その情熱は鍛え、磨き、時に叱咤すれば、情熱は育ち成長する
ものなんだ。
そしてやがて君だけの情熱のかたちができてくる。
それが個性だ。
個性は君が生きている証しなんだ。

実は、先輩たちは、君たちの新しい情熱を待っているんだ。

最初はガムシャラでもイイ。暴走に見えてもかまわない。

あきらめずにぶつかれば、いつか大きな壁を打ち砕く。

新しいかたちの、新しい温度の情熱で、未来を作るんだ。

失敗をおそれるな。辛苦に立ちむかえ。困難なものにむかう姿
勢にこそ真理はある。
己だけのために生きるな。それが仕事の
品性であり、君の品格になる。

苦しいかって?そりゃラクなものは仕事にはないさ。

でも疲れたら、夕空を見上げて一杯やればいい。
新しい個性に乾杯。

写真 2017-04-03 8 57 18
伊集院静さんが書くメこのッセージが好きで、今年で3年連続引用させてもらっています。


このメッセージにもあるように、
○「磨く」とは傷つけること

○「鍛える」とは叩くこと

光り輝くダイヤモンドや、切れ味鋭い刃物を想像してもらえれば分かるように、原石は大事に大事に包んでいるだけではただの石ころに過ぎません。

最初は多少強制的にでも、傷つけ、叩いてあげないといけないと感じています。


ともあれ、今年もむねじゅうには可能性に溢れる若い力が加わりました。

1日も早くそれぞれの現場で活躍してくれる姿を心から楽しみにしています。

入社式の様子はまた次回に。

自衛隊研修

今年も参加してきました、陸上自衛隊 金沢駐屯地。


2泊3日で開催される新社会人研修に5名の高卒新入社員を送り込みました。

昨年に続いて2年目の参加になるんですが、最終日に開催される観閲行進は参加企業の担当者が見学に行くことができるんです。

到着したらすでに規則正しく整列していました。


いよいよ始まります。


「かしら~!みぎ~!」という班長の号令がかかると、みんなが一斉に壇上の中隊長に向けて頭を向けます。

緊張感が半端じゃありません・・。

3日間の研修の最後を飾る観閲行進。

今年の研修の総責任者である中隊長からの労いの言葉を真剣な表情で聞く各社の新入社員さん。

全く関係ない私も同じ所に立たせてもらって恐縮してしまいます。

なんの前触れもない中、
「続きまして・・、参加企業を代表して宗重商店 代表取締役・・・」という司会者からの案内が。

「この3日間で学んだ規律、挨拶、機敏な所作は社会に出た時に必ず役に立ちます。お世話になった隊員さん、そして送り出してくれた会社の方に感謝しましょう。」
と簡単な挨拶をさせて頂きました。

その後は館内の記念館を案内してくれました。


  
普段はなかなか見ることのできない日本の戦時中の話や、海外派遣の説明も。

さらには「社員さんと一緒にお昼もどうですか?」というお誘いが。


 
断る理由がありません。
かなりボリュームたっぷりの豚キムチ丼を美味しく頂きました。



場内で一緒に記念写真。


お迎えまで少し時間があったので、展示してあるヘリコプターや戦車を見学。
 

敷地内のコンビニには、かなり珍しいミリタリーグッズも販売されてるんですね。
 

そうこうしている間についに解散式。


むねじゅうチームだけ袋をぶら下げてて、思い出に買い物したものだと思っていたんですが・・・、


1人1人が個別に会社へのお土産を買ってくれてたそうです。
 
お金もないはずなのに嬉しいですね~。感動しますね~。



 
中にはかなりマニアックなモノもありました(笑)

翌日の活力朝礼。
 
自衛隊で学んだ所作がちゃんと生かされていました。

あと1週間、4月7日まで新入社員研修は続きます。
現場に出る前の大切な期間、スポンジのように色んなことを吸収していってほしいと願います。

例会報告

ITビジネスプラザの6階交流室には120人を越えるすごい人。


同友会の単体報告としては約5年ぶりに1時間話をすることになりました。


タイトルは、「理想とする経営者像を追っかけて ~僕、立派な経営者になったかなぁ~」。


お題はふざけた感じですが、中身は真剣ですよ。

参加者の中には滋賀や富山からかけつけてくれた青年部仲間や、他団体、他支部の友人も。
  
高校時代の後輩も見に来てくれました。

1度だけ事前に打合せをした際に、社内の取り組みが分かりやすいように、各テーブルに資料を準備してほしいという声を聞いて、経営指針書はじめ、社内報などを配布。


家業に入って18年、同友会歴11年、社長歴10年。
まだ個人的には若手のつもりではいますが、新入社員の両親の年齢が30代といった話を聞くと、なんだかんだでたくさんの経験を重ねてきました。

「何も飾る必要はない。失敗談も含めて、全て包み隠さず話をすればいい。」
と自分にいい聞かせるとすごく気分が楽になって、とても気持ちのいい緊張感の中で本番を迎えることができました。

今日のためにすごく尽力頂いた室長の宮崎さんと、座長の竹澤。

この2人だけではなく、多くの仲間の応援がないと実行できなかったこの日の例会。

他支部からもグループ長を選出するなんて、普通では考えられません。
多くの仲間に支えられていることを改めて実感です。

時間もピッタリ、無事に1時間の報告が終了。

グループ討論が始まったところで、みんなを背景にようやく安堵の自撮りです。


狙ってないところで笑いが起こり、狙っていたことろで思いっきりスベる。
折角の機会なんで挑戦してみたことがあったんですが、全然ダメダメでしたね・・。

まだまだ自分のプレゼンテーション能力の未熟さを感じながら、また一つ経験値がアップする機会を頂きました。

最後に竹澤座長からまとめの挨拶。


村木副代表理事からは何故か前に呼ばれて2ショット。


21時半から行われた懇親会にも70人を越える大宴会。


色んな人と挨拶してたんで、ほとんどご飯を食べられませんでしたが、自分に求められた期待を少しは超えることができたのかなと思っています。


気にかけてくれた親友たちが3次会に誘ってくれて、ようやく素の自分を出して大笑いすることができたのは0時を回ってから・・。
めちゃくちゃ疲れたけど、みんなの愛情を感じた最幸な1日でした。

誰もが忙しい年度末、参加してくれた大勢の皆さま、本当にありがとうございました。

安全ベスト

今年に入って工事課の年間計画には「月に1回会議を行う」という記載がされていました。

その内容については全て工事課のリーダーにお任せしているので、何を話し合っているのか、何を決定しているのかは、後日渡される議事録で知ることになっています。

2度の石川営業所工事課会議で新しく決まったことは、
○3月から全現場作業員が安全ベストを着用すること

○KY(危険予知)朝礼をしっかり行うこと

○4月から入社する2名の新入社員のメンターについて

○毎月第3金曜日のお昼時間に現場周辺の美化清掃を行うこと

○月に一度の全体朝礼後に本社周りの清掃活動を行うこと

素晴らしいと思いませんか?
もちろん、一部のリーダーが率先して出した意見かもしれませんが、それでも自発的な改善提案です。

その決定事項に基づいて、品質安全管理課の堀田くんより安全ベスト購入の打診があり、即オッケーとの返事。

すぐに注文し、先日納品されました。


ついつい新しいものを身に付けたがる私とちっちゃい池田。


先週13日の月曜日から早速着用。

ポーズはもちろん、
「俺たち、今日もカッコイイ!」

その影響を受けて、1週間遅れで今週から滋賀営業所工事課においても安全ベストの着用が決定。


「ガードマンみたい・・」
と思われる方もいるかもしれません。

社員の中には
「面倒くさい・・」「恥ずかしい・・」
と思う人もいるかもしれません。

それでも、この取り組みによって、お客様からのイメージ、近隣の皆さまからの印象、何より労働災害の防止に繋がるということは実際みんな分かっています。

さらに今年のむねじゅうは、
『「決まったことをキッチリやる」ことでみんなで幸せになろう!』
と年頭式から私自身が声を大にしていってきました。

たった1枚の安全ベスト着用によって、むねじゅうの現場がどう変化していくのか乞うご期待です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
平成19年の法人化とともに代表取締役に就任して10年が経ちました。
これまで支えて下さったあらゆる方に感謝したいと思います。

今年の個人テーマは「原点回帰」。
ここ数年忘れかけていたがむしゃらさを取り戻し、最近少し緩くなってきた社内の風土を再度引き締め直します。

そして、いつも何か面白いことをやっていると思われる会社を目指していきます。
「魅せるむねじゅう」に向かって全社一丸で邁進!

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: