FC2ブログ

むねじゅう日記 〔宗重商店社長ブログ〕

解体・リサイクルを中心とした問題解決型サービス業を目指す、㈱宗重商店 3代目社長の成長日記!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年2019

皆さま、新年明けましておめでとうごさいます🎍


2019年が始まりました。

今年の年末年始は暦の都合で例年よりもたっぷり休みを取ることができたんですが、今年のむねじゅうの仕事はじめは5日の年頭式から。


まずは本社近くの大野湊神社にて今年の商売繁盛、全社員の無病息災、工事の安全を祈願します。

続いて会場を移して年頭式。


かれこれ今年で13回目になるんですが、年々来賓の方も増え今年は16人の社外の方にご参加頂きました。


今年は創業80年目という節目を迎えるというこので、過去の指針書の中身を凝縮した手帳を作成してみました。

むねじゅう人であるための考え方、社員教育を含めた各方針に加え、カレンダーには社員の誕生日をはじめ、様々な社内行事や会議体の日取りも記載してあります。


式次第は経営理念の斉唱から。


まずは辞令交付。

新たに4人の昇格、及び新任の役に就くことになります。

永年勤続表彰。
   

10年表彰が3人、15年表彰が3人。
長く勤めてくれている古株の皆さんには感謝しかありません。

新入社員の木村による昨年の振り返り動画の上映です。

仕上がったのは前日の4日というギリギリ星人で多くの先輩に迷惑をかけていましたが、何とか間に合いました。

いよいよ平成最後の経営指針発表会。

今年の全社スローガンとして、「決断力 ~成果を意識した1年に~」とさせて頂きました。
「すぐやる!必ずやる!出来るまでやる!」を1年を通じてやり切りたいと思います。

私の発表後は各顧問の方々に補足抗議と題して講演頂きました。


各部門からの年度計画発表。
IMG_0263.jpg   IMG_0283.jpg

社員を代表しての決意表明。
IMG_0289.jpg

来賓の方からも一言コメントを頂戴しました。


昼食を挟んでの午後の部です。

保険会社の方より安全講義。
   
「安全は全てに優先する」を今年も忘れず、無事故・無災害を目標に頑張りたいです。

ここで私からサプライズ。

昨年の営業利益目標を達成したということで、全社員にお年玉(決算賞与)のプレゼントです。


最後は当社のコンサル、丸山先生による年頭講演。


年の最初に相応しい、全社員を鼓舞する貴重な公園をいただきました。

年始の新聞記事の中で大企業のトップの年頭所感を見ていると、今年の1年は株安、円高も絡んで非常に厳しい1年になるとのことでした。

特に後半にかけて消費税の引き上げ以降は予測できないという話題が多かったとは思いますが、そんな経済予測には負けない強い決意と覚悟を持って昨年を上回る2019年にしていきます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年 ~感謝~

2018年、最後の投稿になります。

何を隠そうこの12月、1件のブログも更新できず最終営業日、そして毎年恒例の大忘年会を迎えてしまったため、現在自宅にてこの1年の振り返りを行っています。

この数年特に感じることは、年々自分自身の仕事のあり方というか1日の中での時間配分が変化してきて、ここ最近では常に誰かと話をしていることが仕事の中心になってきています。

朝いちでパソコンの電源を付けるのはいいけど、そのまま退社まで一度も触らずシャットダウンする毎日。
時代の流れの中、SNSやLINE、ショートメールでの仕事の連絡も増えてきて、打合せや来客中に携帯は鳴っているけど何で連絡があったのかから探さないといけないことも多々ありました。

所属している諸団体でも何かとお役を回ってくるキャリアになってきて、日中でも会社を不在にする時間も長くなり、優先順位が自分や会社だけではなく、公的な何かのため、誰かのために自分の時間を費やす時間が格段に増えてきました。

元々現場を回ったり、社員さんとの何気ない会話が好きな私にはかなりのストレスなんですが、それも致し方ないことなのかと最近理解するようにしています。

急な来社応対や社内の決済業務もあり、その結果、社員さんとの報・連・相の時間がロクに取れず雑な対応になってしまったことは来年以降の自身の課題だと感じています。

今年の個人年間テーマとして、「着眼大局、着手小局」とさせて頂きました。
業界全体、会社全体を俯瞰しながら、細かな社内改善にも手を付ける、という目標だったんですが、自己採点では50点という厳しい判断をせざるを得ない結果となりました。

その理由として、建設業界は全国的にオリンピック特需、本社石川に至ってはインバウンド客に対応したホテルの乱立、中心部の再開発と北陸新幹線開業以降まだ建設バブルが続いた1年でした。

本来であれば2年前に設立した宗和会という協力会社のネットワークを生かして、キャパを超える受注の対応をすべきだったんですが、1年の通じて業界全体が潤っている状態が続き、自社の施工能力をオーバーする案件に関してはお断りを余儀なくされる機会も多く、後半にかけてはほとんどの依頼に応えられないという情けない状況でした。

とはいえ、2018年の業績だけいえば、売上げ目標の”20億”には届かなかったものの、売上げ18.4億は昨対111%と2年連続伸ばすことができましたし、粗利は2.7億で昨対144%、営業利益は1.6億で昨対300%超えと、創業以来過去最高実績で終えることができました。

一般的には固定客が少ない業種、業態といわれる我々解体業にとって、建設特需という理由だけではない多くのファンの皆さまによって支えられた1年になったと思います。

会社を代表して改めて皆さまには感謝と御礼を申し上げます。

最後に今年の清水寺の漢字一文字は「災」でした。
北陸地方の記録的大雪から始まり、西日本豪雨、夏の猛暑、大規模台風、北海道地震と1年を通じて自然の脅威にさらされた1年でした。

来年の干支は亥ということで、勇気と冒険の象徴といわれているそうです。
さらには「無病息災」の意味もあるそうです。

「猪突猛進」の言葉にもあるように昨年の勢いをそのままに、1年の目標に対して前進していきたいと思います。

皆さんにとって2019年がより素晴らしい年となりますことを祈念して、今年最後のむねじゅう日記とさせて頂きます。

今年もお付き合い頂きまして本当にありがとうございました。
それでは皆さん、よいお年を。

2018年 ~振り返り~

あと2日で2018年も終わりを迎えるわけですが、今年の時事・ニュースを振り返ってみたいと思います。

さて、日本、世界、スポーツ・芸能界はどんな1年だったんでしょうか。

○国内では、
・築地市場最後の初競り
・成人の日、振り袖業者不明(はれのひ)
・米軍ヘリ不時着相次ぐ
・小室哲哉、引退表明
・仮想通貨流出、顧客が提訴(コインチェック)
・全国で3年ぶり皆既月食
・シャンシャン先着順の公開初日、1200人の列
・福井県で記録的大雪
・羽生結弦に国民栄誉賞授与
・20年東京五輪・パラの大会マスコット決定
・森友学園をめぐる財務省決裁文書改ざん、佐川氏証人喚問
・米山新潟知事が辞職=女性に金銭支払い交際
・福田財務次官を更迭、セクハラ疑惑
・刑務所脱走の男逮捕
・潜伏キリシタン世界遺産へる
・藤井棋士、史上最年少で七段に
・首相答弁後に記録廃棄、森友改ざん問題
・新幹線で男性切られ死亡
・大阪で震度6弱
・加計理事長、安倍首相と面会「記憶ない」
・カジノ法案が衆院通過
・交番襲撃、拳銃奪う、警察官ら2人死亡
・潜伏キリシタン世界遺産に
・高円宮絢子さまの婚約内定
・西日本豪雨、死者200人以上
・カジノ法が成立
・埼玉・熊谷で41.1度=国内最高
・オウム死刑執行終える、確定13人全て
・東京医大不正入試
・山根会長が辞任表明、日本ボクシング連盟
・73回目の終戦記念日
・体操女子の宮川、コーチパワハラ処分取り消し求める
・台風21号
・北海道地震
・安室奈美恵引退
・安倍首相が3選=自民総裁選
・日米首脳会談
・台風24号
・沖縄知事に玉城デニ―氏
・本庶佑氏にノーベル賞
・第4次安倍改造内閣が発足
・築地83年の歴史に幕、日本一の魚河岸、豊洲へ
・安田純平さん解放
・免震データ改ざん
・カンヌ国際映画祭、是枝監督アカデミー賞
・TOKIO山口達也騒動
・安倍首相訪中
・絢子さまと守谷さん結婚
・日産ゴーン会長を逮捕
・25年大阪万博決定
・「来訪神」無形文化遺産に=ナマハゲなど8県10行事
・シャープ亀山工場で外国人労働者2900人雇い止め
・今年の流行語大賞に「そだねー」「大迫半端ないって」他
・貴ノ岩暴力事件で引退
・日産ゴーン会長を逮捕
・改正出入国管理・難民認定法(入管難民法)が成立、介護や農業など14業種で外国人材の受け入れ拡大へ
・PayPay100億還元キャンペーン、10日間で終了
・USA大ヒット

○海外では、
・平昌五輪参加で南北実務協議
・台湾で大規模地震
・北朝鮮が軍事パレード
・米高校で銃乱射、17人死亡
・プーチン氏が圧勝=ロシア大統領選
・金正恩委員長、習近平主席と初会談
・米英仏、シリアに軍事攻撃
・南北首脳が会談=金正恩氏、初訪韓
・ヘンリー英王子が挙式
・是枝監督「万引き家族」に最高賞、カンヌ国際映画祭
・ザギトワ選手に秋田犬贈呈
・グアテマラ噴火、死者100人超に
・米朝首脳、史上初の会談
・タイ少年洞窟閉じ込め、13人全員救出
・米ロ首脳が会談
・20ヶ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議
・ギリシャで山火事、80人以上死亡
・北朝鮮建国70年
・南北首脳会談
・インドネシア、スラウェシ島地震
・iPhone「XS」発売
・第1次大戦終結100年
・フランスで燃料増税に抗議
・APEC、首脳宣言を断念、米中が貿易で対立
・英離脱合意案、正式決定、EU首脳会議

○芸能・スポーツ界では、
・青学箱根駅伝大4連覇=箱根駅伝
・貴乃花親方、初の理事解任
・前橋育英が初優勝=流通経大柏を下す-高校サッカー
・栃ノ心、6年ぶり平幕V=大相撲初場所
<平昌五輪が開幕>
・羽生、66年ぶり連覇=フィギュア スポーツ
・小平、日本女子初の金=スピード女子500
・日本女子が金=スピード団体追い抜き
・スピード女子マススタート、高木菜々が金メダル
・カーリング女子、初の銅

・イチローがマリナーズ復帰
・上原、10年ぶり巨人復帰
・大相撲春場所、鶴竜8場所ぶり優勝
・W杯スケート高木美保、日本勢初の総合V
・W杯ジャンプ女子高梨、歴代最多54勝
・山中が引退会見=ボクシング
・貴乃花親方、2階級降格
・大阪桐蔭、3校目の春連覇=選抜高校野球
・世界卓球日本女子、3大会連続銀
・ソフトバンク内川が2000安打
・日大アメフット悪質タックル
・体操NHK杯、内村が10連覇
・Jリーグ、イニエスタが神戸加入
・バトミントン日本女子、37年ぶり優勝
・大相撲夏場所、鶴竜連覇で5度目V
・サッカーW杯、ロシア開幕
・日本、8強ならず
・フランスが20年ぶり制覇
・レスリング栄氏、至学館大監督を解任
・羽生選手に国民栄誉賞
・東京五輪・パラのマスコット命名
・大相撲名古屋場所、御嶽海が初優勝
・パンパシ水泳池江、100バタ日本新で金
・ソフトボール女子世界選手権日本惜敗、連続2位
・大阪桐蔭、史上初2度目の春夏連覇
・全米テニス大坂、日本勢初の四大大会V
・大相撲秋場所、白鵬が41度目V
・ウッズが5年ぶり、通算80勝目
・大坂、初優勝ならず=東レテニス
・広島カープ、初の3連覇
・貴乃花親方が退職
・西武、10年ぶりV
・世界女子バレー日本、最終戦敗れ6位
・福原愛が引退表明
・プロ野球ドラフト会議
・ソフトバンク日本シリーズ、日本一
・サッカー川口能活が現役引退
・フィギュアGP16歳紀平が逆転優勝
・エンゼルス大谷翔平が最優秀新人賞、米大リーグ
・大相撲九州場所貴景勝、13勝2敗で初V

また、多くの芸能人、有名スポーツ選手がこの世を去りました。
星野仙一、ポール・ポキューズ、野中広務、有賀さつき、大杉蓮、左とん平、衣笠祥雄、西城秀樹、朝岡雪路、桂歌丸、津川雅彦、菅井きん、さくらももこ、樹木希林、山本KID徳郁、輪島大士、赤木春恵。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

こう書き綴ってみると平成最後の1年の間にも本当に色々なことが起こりましたね。

個人的に印象に残った点とすればやはり平昌オリンピック、パラリンピックでの日本選手団の大活躍。
特にマイナーな競技だった女子スピードスケートのマススタートや団体パシュートには多くの勇気と感動をもらいました。

ただし、レスリングやアメフト、ボクシング、体操界においては暴力やハラスメント問題で競技者や世間の信用を失う問題も多発しました。

政治の世界においては相も変わらず文書改ざんや不正、隠ぺい工作など、見るにも聞くにも値しないニュースが相次ぎました。

消費者さんの消費動向は来年以降も変わらず、「安心、安全、感動」がキーワードになってくると予想されます。
この10年来追い求めてきた、むねじゅうのビジョンは決して間違ってはいないと感じています。

2019年、今上天皇陛下の退位の礼が行われ、新しい元号がスタートします。
消費税10%の増税も5年ぶりに実施される予定です。
世界経済はやはりアメリカの動向次第で大きく変化すると思われます。

東京オリンピックまであと2年、2025年には大阪万博開催も決定しました。
私自身、昭和、平成と2つの時代を生きてきたわけなんですが、2019年5月以降の新しい時代が皆さまにとってより素晴らしい時代になることを心より願っています。

最後になりますが、むねじゅうは来年創業80年という節目の年を迎えます。

ラクソツ×ラクステ事業をはじめとした不要品事業の本格稼働、リユース&海外事業の更なる活性化、幼児教育事業”カサ・デ・バンビーニ”の拡大移転、滋賀営業所の建屋新築、リサイクルセンターの再整備、外国人実習生の受入れ、監理組合の設立、ISOの社内浸透等、やらなくてはいけないことが沢山ありすぎて、優先順位を間違えないようにしっかりリーダーシップをとっていかねばなりません。

この数年、北陸を中心にどの業種も景気がいいのでリクルートには大変苦労していますが、それは私を筆頭にむねじゅうで共に働く社員が”自社の魅力”を伝えきれていないから。

私の信条は「明るいところには人が集まる」です。
”魅せるむねじゅう”、”カッコイイ現場”、”社員が輝く会社”を1年のテーマとして率先垂範に努めていきます。
期待していて下さい。

どうか来年もご支援、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
~感謝をこめて~

ミャンマー出張記④

ミャンマー最終章です。

こちらの移動手段を見ていると、日本では考えられないすし詰めタクシーのような車をよく見かけます。
写真 2018-11-24 12 44 33_R

今日は機内泊の夜行便なので、その時間まで映画「ビルマの竪琴」の舞台となった古都バゴーまで観光へ。

チャイプーンの4面仏。
写真 2018-11-24 13 03 58_R

シュエターリャウン寝仏。
写真 2018-11-24 13 49 51_R   写真 2018-11-24 13 49 54_R

ミャンマー最大114mの高さを誇る、シュエモードーパゴダ。
写真 2018-11-24 13 55 31_R   写真 2018-11-25 8 23 38_R

ゴールデンパレス。
写真 2018-11-24 14 05 27_R   写真 2018-11-24 14 06 10_R

写真 2018-11-24 21 52 19_R

今回のような機会でもない限りミャンマーに行くことが無かったわけですが、最後に備忘録を少しだけ。

まずはとても親日家です。第2次世界大戦における日本軍の侵略や虐殺の歴史があるにもかかわらず、韓国のように執念深く日本に対して憎悪関係を抱いているわけではありません。

イギリスの統治下だったミャンマーを日本軍が追い出したと学校で教育している背景もあるのでしょうが、許すこと、忘れることを好む民族ということも今のいい関係を築くきっかけとなったんかもしれません。

バナナはもちろん有名ですが、イギリス占領時の食文化の名残りなのか甘いミルクティーが有名で、コーヒーが苦手の私には甘い紅茶は本当に美味しく感じました。

前回訪問したフィリピンの2062年という人口ボーナスには届かないものの、東南アジアの中ではフィリピンに続く2053年という、これからまだまだ続く人口の増加。

現在日給が高い人で1日500円、物価という点でいえばフィリピンのマニラよりもミャンマーのヤンゴンの方がまだ安く感じます。
1時間のマッサージが10000チャット(約800円)という価格はアジアを巡ってきた私のマッサージ歴の中でも最安値。

銀行の普通預金の金利が7~8%という所得&物価の上昇はこれからの経済成長を予測することができますね。
10年預金しておくと倍になるという”72の法則”に当てはめても、かつて私が生まれた頃の日本の郵便貯金の金利とよく似ています。

コンビニこそそんな数はありませんが、どこの国に行っても日本でいつも立ち寄るコンビニを見ないことが逆に新鮮で、日本でいう道の駅やガソリンスタンドに併設しているミニスーパーで十分です。

一番私が驚いたのは、現地の人の貨幣価値。
大型ショッピングセンターの集合レジでも、先に述べたスーパーでも、空港内のお土産店でも同じことを経験したんですが、
・例えば1200円の物を買い3000円支払う
普通に1800円のお釣りが戻ってくるのが当たり前だと誰だって思いますよね。

アメリカくらいの先進国だと何でもかんでもチップかサービス料を付けて1000円しか戻ってこなくても納得せざるを得ないことも多々あります。

しかし、この国では引き算の文化がないのか、もしくは細かい小銭を扱いたくないのか、勝手に200円分を値引きして2000円が帰ってきたのが違う店で3回も連続で経験しました。

1時間800円のマッサージも普通に15分近く長くやってくれたり、1$(110円)と1000チャット(80円)を同じ扱いにしたり、細かな計算が得意な日本人には全く理解できない貨幣感覚にビックリしました。

治安もそんなに悪くもなく夜1人で歩いていても強盗にあったり、襲われる心配もありません(女性は稀にあるそうですが・・)。

ここ数年は日本語学校も増えてきていて、中国やベトナム、フィリピンに続けと日本企業に向けた実習生の派遣にも力を入れていくそうです。

何をいっても人口の増加は何よりも魅力的で経済が成長・発展する裏付けになりますね。
この国の今後の発展から目が離せませんね。

また個人的に訪問してみたい国ですね。
長々とお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

ミャンマー出張記③

こちらは会員さんの現地法人、ABCサンライズさん。
写真 2018-11-23 16 31 57_R   写真 2018-11-23 16 36 09_R
薬のパッケージを作っている印刷工場なんですが、日本で40年まで使っていた機械が現地でまだまだ現役で活躍しています。

写真 2018-11-23 17 04 53_R

その後はボージョー アウンサンマーケットでショッピング。
写真 2018-11-23 17 56 02_R

写真 2018-11-23 17 57 06_R   写真 2018-11-23 18 10 31_R
買う買わないは別としても、各国の民芸品や工芸品を見て歩くのは楽しいですね。

夜は社会福祉省、現地の寄宿学校の先生方、JAPANTENT ミャンマーの方々にレセプションパーティーを開いて頂きました。
写真 2018-11-23 21 16 03_R
たぶん相当高級な中華料理店だと思います。

写真 2018-11-23 21 30 10_R   写真 2018-11-23 21 25 20_R

日本でも結構クオリティーの中華は食べられますが、ここの料理は美味しかったな~。
写真 2018-11-23 21 33 35_R   写真 2018-11-23 21 45 25_R

写真 2018-11-23 21 55 14_R

そんな中で提供されたこちらの2品。
写真 2018-11-23 21 47 30_R   写真 2018-11-23 22 16 06_R
鰤と銀鱈の焼き物(左)と加賀料理を代表格 治部煮(右)です。

今回一緒に参加したロータリアンでもある、銭屋の高木社長による日本料理の振る舞いを行いました。
写真 2018-11-23 22 16 12_R   写真 2018-11-23 16 41 45_R
何と魚の空輸以外はすべて現地の材料で、包丁や鍋も中華レストランにある物でという過酷な状況にもかかわらず、素晴らしい料理を披露してくれました。

金沢市民なら絶対に度肝を抜かすであろう、つば甚、銭屋の夢のコラボをまさかミャンマーで見られるなんてとても幸せでした。

会の最後には記念品を頂いて終了。
写真 2018-11-23 22 33 44_R

写真 2018-11-24 8 14 09_R   写真 2018-11-24 8 13 19_R   

次回はいよいよ最終日です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

むねじゅう

Author:むねじゅう
新しいブランディング「感動イノベーション。」を立ち上げ丸1年。

魅せるむねじゅう、カッコイイ現場など、様々な改善を行ってきましたがまだまだ中途半端な1年でした。

6月に会長という大きな柱を失いましたが、これまで以上に一致団結し成長・発展を目指します。

今年の個人テーマは「Think Globally,Act Locally.」。
常に全体を俯瞰しながら、目の前の小さなことにも細心の注意を払って実践したいと思っています。

むねじゅうに関わる全ての人を幸せに!
2018年もどうぞよろしくお願い致します。

facebookページも随時更新しています。
解体・リサイクルのむねじゅう(株式会社 宗重商店)
よろしければ、「いいね!」ボタンをお願いします。



 

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。